刑法・細かい知識も考えて理解しよう(逃走罪を例にして)その6

【前回のあらすじ】

刑法の司法30-14肢3を検討しました。次は肢4のようです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

東花子さん

そうですね。普通ですね。

スク東先生:なるほど、そうですか。まあ、寒くなってきましたが、淡々とやっていきましょう。

それでは、前回の続きということで、

司法試験平成30第14問肢「4.確定判決によって刑務所に収容されていた甲は,その看守に当たっていた刑務官に対する単なる反抗として同刑務官を押し倒したところ,同刑務官が気絶したため,その隙に逃走しようと思い立ち,同刑務所から逃走した。甲に加重逃走罪が成立する余地はない。」

を検討しましょう。
例によって、関係にない肢は割愛します。

それで、まず、正解はどうでしょう。

考えている

正しいです。

スク東先生:そうですね。結論は、大丈夫そうです。では、本問のポイントはどこでしょう。

東花子さん

えっと、単なる反抗ということですが、甲は刑務官に対して、「暴行」しているのではないでしょうか。

スク東先生:おお、いいですね。理解をしっかりするために、条文も併せて確認してみましょう。

(逃走)
第97条
裁判の執行により拘禁された既決又は未決の者が逃走したときは、1年以下の懲役に処する。

(加重逃走)
第98条
前条に規定する者又は勾引状の執行を受けた者が拘禁場若しくは拘束のための器具を損壊し、暴行若しくは脅迫をし、又は2人以上通謀して、逃走したときは、3月以上5年以下の懲役に処する。

スク東先生:たしかに、「暴行をし」逃走したときに加重逃走罪が成立するように読めます。

東花子さん

はい、ただ解答にある通り、この場合は、加重逃走罪が成立しないとなります。

スク東先生:そうですね。なぜでしょうかね。

考えている

うーん。

スク東先生:なるほど、マイナーな問題なので、考え込んでしまいました。こういうときは、とにかく、難しく考えない方がいいです。加重逃走罪は、単純逃走罪(97条)より重い犯罪ですね。

考えている

それは、そうです。だから、97条も何気に載せているんですね。ただ、それが何か?

スク東先生:まあ、慌てないで。97条も98条も、法益は国家の拘禁作用なわけです。加重逃走罪が成立するには、国家の拘禁作用への影響が大きい場合を想定していると思うんですよ。

東花子さん

なるほど、量刑からみてもそういえますね。あと「加重」という罪名から見ても、そういうことでしょうね。

スク東先生:はい、そこも踏まえて、改めてこの肢を読むとわかってくるんですよ。暴行を加えているように思うのですが、「単なる反抗として同刑務官を押し倒した」わけです。こういうことって、通常の流れで、想定できるのではないでしょうか。

考えている

そうか、確かに刑務所に入っている方は、刑務官に対して多少、反抗的な態度行動にできることは考えられるでしょうね。

スク東先生:でしょ。そこで、今回甲は、偶然の気を失ったという敵失に乗った形で逃走しているわけです。これは、もちろんとがめられるべき行為だと思うのですが・・・。

東花子さん

なるほど、ある程度予測できる場合、逃走できないように刑務所側で予防策を取るべきです。

スク東先生:そうなんですよ。そう考えると、今回逃走させてしまったのは、国家側にも若干の不備があったわけです。
この場合も、加重逃走というのは少し重すぎという判断になります。

考えている

そうか、加重逃走罪が成立する「暴行」は、もっと無理やり国家の拘禁作用を突破した感じを想定していると。

スク東先生:いいですね。そのように理解すると、法経侵害の程度が多くなるので、加重というのも、うなずけます。

東花子さん

なるほど、納得しました。ありがとうございます。

スク東先生:よかったです。こういう細かなことを押さえるためには、イメージが大事です。やみくも覚えても、すぐ忘れてしまいます。その際も、あまり深入りすることはせず、こんな感じで、簡単に整理すると記憶に定着しやすいでしょう。ぜひ、細かいことを押さえる際に、参考にしてみてください。
それでは、今日も時間なりましたので、この辺りで終わりにします。この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中