正当防衛を考える(けんか闘争を題材にして) その1

前回までのあらすじ:
因果関係における重要論点、犯罪行為の後に介在する事情がある場合、発生した結果と行為との間に因果関係を認めてよいのか、いわゆる危険の現実化について検討しました。
今回からは、正当防衛について議論しますよ。
では、はじまり、はじまり。

東花子さん

こんにちは

スク東先生:こんにちは、東さん。それでは、早速、正当防衛について検討しましょう。

考えている

なるほど、どんどん行くわけですね。

スク東先生:まあ、皆さん、いろいろ忙しいでしょうからね。ですので、さっさと入っていきます。
問題は、令和元年15問の肢2「いわゆるけんか闘争において相手方に対してした暴行行為については、正当防衛が成立する余地がない」です。正しいですか、間違っていますか。

東:えっと、間違ってます。

スク東先生:そうですね。どうしてでしょう。

東:はい、正当防衛の成立は、けんか闘争という形式だけではなく、実質も見て全体として判断すべきたからです。

スク東先生:なるほど、ですので、正当防衛が成立する余地はあると・・・。いい感じで押さえてますね。

花子さん

はい、さくっといければ、それに越したことないですからね。

スク東先生:なるほどね。じゃあ、質問ですが、この問のポイント、わかりますか。

東:えっ、なんだろう?!

スク東先生:あのー、同じ問題がそのままでることは、通常ありませんよ。意味もわからず、やっても後が続きません。それ、まずいです。

東:うーん。サクサクとか、いっている場合ではないですね。

スク東先生:はい、量をこなすという意味では、早くやるも大事なんですが、ただ進んでもね・・・・。

東花子さん

なるほど、反省です。どのあたりがポイントなんだろう?うーん。

スク東先生:そうですね。じゃあ、考えてもらいますか。ささっと、すぐに説明をしても、どうせ忘れてしまっては意味ないですからね。

東:わかりました、やってみます。

スク東先生:ぜひ、頑張ってください。ただ、やみくもになっても困るので、ヒントを出しましょう。問題文にはなんとありますか。そこから、整理してみくださいね。くれぐれも、難しくするのは止めましょう。

東:なるほど、変にこねくり回すと後がつづかないからですね。

スク東先生:はい、そういことです。それでは、今日も時間となりましたのでこの辺りにします。この続きは、また来週お楽しみに。

予備試験を合格するための勉強法として、
もっともコアな方針は、「継続した練習」と、
「受かるための土台」を作ることです。

この度、この2つの要素をまとめた
31日間プログラムを制作いたしました。

題して、 「予備試験(司法試験)合格のコツ 集中メール講義」
あなたの元に、1ヶ月間毎日、 試験に合格するために必要な
土台(体力・心力・考力・技力) の考え方と、
ちょっとした ワークを音声とテキストでお届けします。

日々、数分間のインプット・アウトプット が、
受かる素養を育んでくれます。

発売日2020年5月31日(日)
価格5,000円(税込)
※近日予約発売開始

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

正当防衛を考える(けんか闘争を題材にして) その1 への1件のフィードバック

  1. y.w より:

    テーマが先に進んでますね!ただ誤字いくつかが、ちょっと気になります。
    お手隙の際に、因果関係の整理もよろしくお願いします。大変な時期ですががんばりましょう!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中