刑法総論・共犯1

前回までのあらすじ:

令和15問の選択肢2で「けんか闘争」についての正当防衛が成立するか、考えました。

昔から、けんか両成敗といいます。けんかをしている2人は、相手に対して暴行の意思で、互いに行為を行なっています。正当防衛は成立しないように思えます。しかし、場合によっては、突然相手方が、隠し持っていたナイフで襲いかかってきたような場合は、どうでしょうか。もはやそれまでの双方の暴行行為の一連の流れを超えたものとして評価し、正当防衛もありうると考えました。

今回は、共犯の大枠を整理します。

では、はじまり、はじまり。

 

東花子さん

こんにちは

スク東先生:こんにちは、早速、共犯について一緒に考えていきましょう。

東:共犯か、難くて苦手だな。

スク東先生:そうですよね。ただ、共犯は、試験的にも重要です。苦手なら、なおさら、この機会にしっかり押さえましょう。

さて、東さん、まず、共犯をする前提をして、検討したい重要な問題があるのですが、何か分かりますか。

東:いやー、なんか唐突だなぁ。

スク東先生:そうですね。じゃあ、もう少し、共犯が成立するのに、前提でどういう人が必要ですか?

東:えっと、正犯ですかね。

スク東先生:その通り!いいですね。では、正犯と共犯の違いは何でしょう。

東:えっと、犯罪の実行行為を行ったか否だったと思います。

スク東先生:そうですね。ざっくり、それで大丈夫でしょう。では、犯罪の実行行為とは、何ですか?

東:確か、法益侵害の現実的な危険のある行為だったと思います。

スク東先生:なるほど、実行の着手(43条)と実行行為を合わせて考えるわけですね。概ね、それでも大丈夫なんですが、間接正犯だと「実行の着手」と「実行行為」をわけて考えます。ですので、この場合と統一して理解するために、因果の起点となる行為を実行行為すればよいでしょう。

東:わかりました。

スク東先生:では、なぜ、実行行為をしていない共犯が処罰されるのでしょう。

東:うーん、確か、正犯を通して法益侵害の結果を惹起している点にだったと思います。。

スク東先生:そうです。因果的共犯論ですね。この考えは、共犯(共同正犯、教唆犯、幇助)を理解する大事な前提なので、しっかり理解しておきましょう。よく、共犯が苦手って方がおられるのですが、結局、この前提がわかっていないでやっているから、なかなか伸び悩んでいるように思うのです。

東:なるほど、細かなことに行く前に、全体を抑えるわけですね。

スク東先生:そういうことです。この大枠の理解があって、間接正犯のような正犯と共犯をしっかり理論的に区別できるようになると思います。

考えている

ふーん、なんとなく、わかったような、わからんような・・・

スク東先生:そうですよね。今回は、抽象的な話になってしまったので、理解が難しかったと思います。でも、安心してください。これから、過去問を使って具体的に検討してきますよ。

東花子さん

なるほど、理論を使える形で押さえるために過去問を使っていくわけですね。

スク東先生:そうなんです。過去問は、合格するためにはとても大事なんですが、ただやっても効果がでません。過去問を通して、背景の理論をしっかり使えてことがポイントなわけです。

というわけで、過去問を使って、これから具体的に考えていきたいのですが、ちょうど、時間になりました。ですので、今日は、この当たりで終わりにしたいと思います。今回は抽象的な話に若干なってしまいしたが、共犯の理解の前提になりますので、改めて確認しておいてください。

それでは、この続きは、また次回。お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 | コメントをどうぞ

予備試験・司法試験8月中旬実施予定

2020年5月15日、法務省・司法試験委員会より「令和2年司法試験予備試験の実施日程等」および「令和2年司法試験の実施日程等」について、以下の発表がなされました。

〈令和2年司法試験予備試験の実施日程等について〉

なお,下記の実施日程については,新型コロナウイルス感染症の状況により,更 に延期する場合等があります。 

1 試験期日 

(1)  短答式試験 

令和2年8月16日(日) 

(2)  論文式試験 

追って公表(令和2年10月頃を予定) 

(3)  口述試験 

追って公表(令和3年1月又は2月頃を予定) 

2 試験地
(1) 短答式試験 

札幌市又はその周辺,仙台市,東京都,名古屋市,大阪府又はその周辺,広 島市又はその周辺,福岡市 

(2)  論文式試験 追って公表(札幌市,東京都,大阪市,福岡市を予定) 

(3)  口述試験 東京都又はその周辺 

※各試験地における試験場については,追って公表いたします。 

3 その他 今後,令和2年司法試験予備試験に係る情報については,法務省ホームページ

において公表する予定ですので,引き続き,同ホームページの情報を御確認いた だくよう,お願いいたします。 

〈令和2年司法試験の実施日程等について 〉

1 試験期日 令和2年8月12日(水),13日(木),15日(土),16日(日) 

2 試験日程 試験科目及び試験時間は,次表のとおりです。 

8月12日(水) 論文式試験選 択 科 目 (3時間)公法系科目第1問(2時間)公法系科目第2問(2時間)
8月13日(木) 民事系科目第1問(2時間)民事系科目第2問(2時間)民事系科目第3問(2時間) 
8月15日(土) 刑事系科目第1問(2時間)刑事系科目第2問(2時間)
8月16日(日) 短答式試験 憲法(50分)民法(75分)刑法(50分

3 試験地 札幌市,仙台市,東京都,名古屋市,大阪市,広島市,福岡市 

※各試験地における試験場については,追って公表いたします。 

4 その他 今後,令和2年司法試験に係る情報については,法務省ホームページにおいて公表 する予定ですので,引き続き,同ホームページの情報を御確認いただくよう,お願い いたします。 

【問合せ先】 

法務省大臣官房人事課 司法試験係
TEL:03-3580-4111(代表)
FAX:03-3592-7603 問合せへの対応:9:30~12:00,13:00~18:00(土日及び祝日等の休日を除く。) 

カテゴリー: 総論 | コメントをどうぞ

正当防衛を考える(けんか闘争を題材にして) その2

前回までのあらすじ:
令和元年15問の肢2「いわゆるけんか闘争において相手方に対してした暴行行為については、正当防衛が成立する余地がない」を検討することになりました。
サクッといきたいと花子さんは、いっていたのですが、ポイントわからないとダメでしょと、言われたのでした。
そこで、改めて問題点を整理することになりました。

では、はじまり、はじまり。

東花子さん

こんにちは

スク東先生:こんにちは、東さん。それでは、早速、前回の続きいきましょう。

問題は、令和元年15問の肢2「いわゆるけんか闘争において相手方に対してした暴行行為については、正当防衛が成立する余地がない」でした。ポイント考えてこられましたか。

花子さん

はい、一応。結局、本問では「けんか闘争」ということが大事だと思いました。

スク東先生:おお、いいですね。なんで、わかったんですか。

考えている

いやー、先生が問題文をよーく読むようにといっていたので、特徴的なのはここかなと思って・・・。

スク東先生:そうですね。わざわざ書いてあるところが、問題文のポイントになります。こういうところは、サラッと流さない方がいいでですね。その上、問題の所在わかりましたか?

東:えっと、昔から「けんか両成敗」という言葉があるくらいなので、両方とも処罰すべき、すなわち正当防衛が成立しないのではというのが、疑問点だと思いました。

スク東先生:いいですね。ポイントがしっかりでました。その上で、「正当防衛が成立する余地がある」というのが答えですが、どう考えていきましょう。

東:はい、一言で、「けんか」といっても、具体的に考えてみると、正当防衛を認めないおかしい場合が、あると思いました。

スク東先生:なるほど、どういった場合でしょう。

東:うーん、例えば、けんか(闘争)がエスカレートして、相手が急にナイフなどで切り付けてきた際に、一切、素手でも反撃できないのは、問題だと思いました。

スク東先生:そうですね。口論くらいならまだしも、武器を持ち出して相手を痛めつけようとすることは行き過ぎです。このような場合は、不正な行為に対して、正当な法秩序が存在するという「法確証の利益」があります。したがって、正当防衛の成立を認める必要性がありますね。

東:はい、「けんか」という抽象的な言葉で片付けず、具体例をイメージするとよいと思いました。

スク東先生:そうですね。今回やったような「抽象」と「具体」を両方意識するのは解放テクニックとして使えます、ぜひ活用したいですね。あとは、正当防衛が違法性阻却事由なので、一言「けんか」といっても社会的相当な行為といえるときもあるのでは、くらいのアプローチでもよいでしょう。

東:なるほど、いろいろ、解法があるんですね。

スク東先生:そうですね。大事なことは、一定の筋道が通っていることです。それがあれば、本番で似たような問題がでたときに、正解がとれるわけですから。

東花子さん

そうでですね。問題を通して、考え方と身に着けることが大事なんですね、よくわかりました。

スク東先生:はい、細部にこだわると、どんどん覚えることも増えていって、大変になってしまいます。その点はぜひ、気を付けましょう。はい、これでちょうど、今回はキリがいいので、このくらいにしておきましょう。この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 | コメントをどうぞ

正当防衛を考える(けんか闘争を題材にして) その1

前回までのあらすじ:
因果関係における重要論点、犯罪行為の後に介在する事情がある場合、発生した結果と行為との間に因果関係を認めてよいのか、いわゆる危険の現実化について検討しました。
今回からは、正当防衛について議論しますよ。
では、はじまり、はじまり。

東花子さん

こんにちは

スク東先生:こんにちは、東さん。それでは、早速、正当防衛について検討しましょう。

考えている

なるほど、どんどん行くわけですね。

スク東先生:まあ、皆さん、いろいろ忙しいでしょうからね。ですので、さっさと入っていきます。
問題は、令和元年15問の肢2「いわゆるけんか闘争において相手方に対してした暴行行為については、正当防衛が成立する余地がない」です。正しいですか、間違っていますか。

東:えっと、間違ってます。

スク東先生:そうですね。どうしてでしょう。

東:はい、正当防衛の成立は、けんか闘争という形式だけではなく、実質も見て全体として判断すべきたからです。

スク東先生:なるほど、ですので、正当防衛が成立する余地はあると・・・。いい感じで押さえてますね。

花子さん

はい、さくっといければ、それに越したことないですからね。

スク東先生:なるほどね。じゃあ、質問ですが、この問のポイント、わかりますか。

東:えっ、なんだろう?!

スク東先生:あのー、同じ問題がそのままでることは、通常ありませんよ。意味もわからず、やっても後が続きません。それ、まずいです。

東:うーん。サクサクとか、いっている場合ではないですね。

スク東先生:はい、量をこなすという意味では、早くやるも大事なんですが、ただ進んでもね・・・・。

東花子さん

なるほど、反省です。どのあたりがポイントなんだろう?うーん。

スク東先生:そうですね。じゃあ、考えてもらいますか。ささっと、すぐに説明をしても、どうせ忘れてしまっては意味ないですからね。

東:わかりました、やってみます。

スク東先生:ぜひ、頑張ってください。ただ、やみくもになっても困るので、ヒントを出しましょう。問題文にはなんとありますか。そこから、整理してみくださいね。くれぐれも、難しくするのは止めましょう。

東:なるほど、変にこねくり回すと後がつづかないからですね。

スク東先生:はい、そういことです。それでは、今日も時間となりましたのでこの辺りにします。この続きは、また来週お楽しみに。

予備試験を合格するための勉強法として、
もっともコアな方針は、「継続した練習」と、
「受かるための土台」を作ることです。

この度、この2つの要素をまとめた
31日間プログラムを制作いたしました。

題して、 「予備試験(司法試験)合格のコツ 集中メール講義」
あなたの元に、1ヶ月間毎日、 試験に合格するために必要な
土台(体力・心力・考力・技力) の考え方と、
ちょっとした ワークを音声とテキストでお届けします。

日々、数分間のインプット・アウトプット が、
受かる素養を育んでくれます。

発売日2020年5月31日(日)
価格5,000円(税込)
※近日予約発売開始

カテゴリー: 刑法 | 1件のコメント

刑法における因果関係を考える その4

前回までのあらすじ:
平成29年度第1問肢1「甲が、Vの胸部、腹部及び腰部を殴打したり足蹴りしたりする暴行を加えたところ、それに絶えかねたVは、その場から逃走した際、逃げることに必死の余り、誤って路上に転倒し、縁石に頭部を打ち付けたことによって、くも膜下出血により死亡した。この場合、甲の暴行とVの死亡との間には、因果関係がある。」
について花子さんはスク東先生と検討することになりました。
因果関係を理解するには、危険の現実化をしっかり押さえる必要があります。
前回、そこを途中までやりました、今日はその続きです。
では、はじまり、はじまり。

東花子さん

こんにちは

スク東先生:こんにちは、東さん。調子はどうですか。

考えている

まあ、普通です。先生も、コロナには気を付けてください。

スク東先生:ありがとうございます。とになく、淡々とつづけるしかないですね。それでは、早速、先週の続きいきましょう。話覚えてますか?

東:はい、一応。確か、①行為の危険性②介在事情の異常性③介在事情の寄与度を総合的に判断するのが危険の現実化の話でした。

スク東先生:そうでしたね。あと、どんなことしましたっけ。

東:えっと、①③を通して、直接の死因が、本人(本件でいう甲)か、第三者(V)か確認するという話でした。

スク東先生:いいですね。そして、本件では、V自身が誤って路上に転倒した行為が直接の死因であることを確認しました。

東:はい、したがって、③が死の結果に対して影響大です。そこで、甲にVの死の結果を帰責するには①②を慎重に検討すべきという話で、前回終わりました。

スク東先生:そうですね。よく流れ押さえてます。それで、具体的にやってみましたか。

東:まあ、一応。

スク東先生:そうですか、じゃあ聞かせてください。

東:はい、まず①なんですが、甲は、Vの胸部、腹部及び腰部を殴打したり足蹴りしたりする暴行をしており、まずまず危険な行為をしていると思いました。

スク東先生:そうですね。確かに、甲は、直接の原因を作っていないです。ただ、胴体部分を足蹴にしており、その行為で死亡する危険性もありそうですね。

東:はい、そう思いました。その上で、②ですが、耐えかねたVが焦って転倒しております。この行為は、甲が誘発してますね。したがって、甲から見て、異常性は低いように思います。

スク東先生:その認定で大丈夫です。なお、異常性が低いと予見可能性があったというのは、方向性は同じと考えておけばよいしょう。

東:そうですね。結局②を使って、例外的に甲に死の結果を帰責するわけです。したがって、今回は、特別にこの事情があるので甲を処罰するは、不当じゃないということが言いたいわけですから。

スク東先生:よく整理できました。②の異常性の判断ですが、第三者の故意行為が介在していた場合は、高い。過失行為の場合は、低いという方向性で大丈夫でしょう。

花子さん

わかりました。②の認定を間違えると結局、回答を間違えてしまうので気を付けたいと思います。

スク東先生:その通り!!規範を抑えても使えなければ、間違えてしまいます。この辺りは問題を通して勘所をつかむしかいないですね。ぜひ、演習をやってみください。それでは、ちょうど切りよくいきましたので、本日は、このあたりで終わりにします。この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 | 1件のコメント