刑事訴訟法・令和3年第23問肢エを考えてみよう 

【前回のあらすじ】
刑法の令和3年第23問肢ウの検討をしました。次は、肢エです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

まあまあですね。

スク東先生:そうですか。体調管理に、気を付けていきましょう。早速、前回の続きです。予備試験令和3年第23問肢エですね。

【事例】
甲は,「令和2年12月5日午前1時頃,H市内のI公園内で,ゴルフクラブでVを殴打して殺した。」との殺人の事実により,H地方裁判所に起訴された。公判において,犯行の目撃者A,甲の妻B,甲の知人Cの証人尋問が,それぞれ実施された。
【記述】
エ.Bの,「令和2年12月8日午後3時頃,自宅において,甲から『3日前の午前1時頃,H市内のI公園で,Vをゴルフクラブで殴り殺した。』と言われた。」旨の証言は,要証事実を「Vを殺したのが甲であったこと」とした場合,伝聞証拠に当たる。

これは、正しいです。

スク東先生:なんでですか。

そうですね。「伝聞供述」ですので、実際にBが体験しているかが、ポイントだと思いました。

スク東先生:そうですね。今回ももう少し説明してもらえますか。

甲の妻Bが、「令和2年12月8日午後3時頃,自宅において,甲から『3日前の午前1時頃,H市内のI公園で,Vをゴルフクラブで殴り殺した。』と言われた。」ということです。実際に体験しているのは、甲から聞いたことですよね。

スク東先生:いいですね。続けてください。

はい、そして要証事実は「Vを殺したのが甲であったこと」ですが、Bは、甲の話を聞いただけで、直接、現場を見たわけではではありません。

スク東先生:その通り!!やはり、ポイント押さえればいけますね。

そう思いました。

スク東先生:はい、しっかり、ポイントを押さえると解けます。こんな感じでコツコツやっていきましょう。それでは、今日も時間となりましたのでこの辺りにします。この続きはまた来週。お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 | コメントをどうぞ

刑事訴訟法・令和3年第23問肢ウを考えてみよう 

【前回のあらすじ】
刑法の令和3年第23問肢イの検討をしました。次は、肢ウです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

普通ですね。

スク東先生:そうですか。季節の変わり目ですので、体調管理に、気を付けていきましょう。早速、前回の続きです。予備試験令和3年第23問肢ウですね。

【事例】
甲は,「令和2年12月5日午前1時頃,H市内のI公園内で,ゴルフクラブでVを殴打して殺した。」との殺人の事実により,H地方裁判所に起訴された。公判において,犯行の目撃者A,甲の妻B,甲の知人Cの証人尋問が,それぞれ実施された。
【記述】
ウ.Bの,「令和2年12月1日午後1時頃,自宅において,甲から『探していたゴルフクラブを家の物置で見つけた。』と言われた。」旨の証言は,要証事実を「甲が犯行時点よりも前からゴルフクラブを所持していたこと」とした場合,伝聞証拠に当たる。

これは、正しいです。伝聞証拠にあたりますね。

スク東先生:なんでですか。

そうですね。この肢も「伝聞供述」問題です。ですので、実際にBが体験していることを考えるのが、ポイントだと思いました。

スク東先生:なるほど、そうですね。方向性はあっているので、もう少し説明してもらえますか。

えっと、この肢は、甲の妻Bが、「令和2年12月1日午後1時頃,自宅において,甲から『探していたゴルフクラブを家の物置で見つけた。』と言われた。」という発言が問題なってます。実際に体験しているのは、甲からゴルフクラブを見つけたと聞いたことですね。

スク東先生:いいですね。続けてください。

はい、そして要証事実は「甲が犯行時点よりも前からゴルフクラブを所持していたこと」ですが、Bは、甲の話を聞いただけで、直接、ゴルフクラブを確認したわけではありませんね。

スク東先生:その通り!!これで証拠能力を認めると、甲が嘘ついていたらどうなるんだという話になってします。ゴルフクラブを見つけたのは甲で、Bではありませんね。

そう思いました。

スク東先生:はい、この問題は、混乱しがちですが、しっかり、ポイントを押さえると解けます。こんな感じでコツコツやっていきましょう。それでは、今日も時間となりましたのでこの辺りにします。この続きはまた来週。お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 | コメントをどうぞ

刑事訴訟法・令和3年第23問肢イを考えてみよう 

【前回のあらすじ】
刑法の令和3年第23問肢アの検討をしました。次は、肢イです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

まあまあですかね。

スク東先生:そうですか。とにかく、体調に気をつけましょう。早速、前回の続きいきましょう。予備試験令和3年第23問肢イですね。

【事例】
甲は,「令和2年12月5日午前1時頃,H市内のI公園内で,ゴルフクラブでVを殴打して殺した。」との殺人の事実により,H地方裁判所に起訴された。公判において,犯行の目撃者A,甲の妻B,甲の知人Cの証人尋問が,それぞれ実施された。
【記述】
イ.Aの,「話をしていた2人のうち1人が『甲,お前に貸した金を早く返せ。』と言うと,言い争いになり,その後,言われた方がもう一方に棒のようなものを振り下ろした。」旨の証言は,要証事実を「犯人がVから甲と呼ばれていたこと」とした場合,伝聞証拠に当たる。

これは、誤っています。伝聞証拠にあたらないですね。

スク東先生:なんでですか。

そうですね。この問題は、すべて公判廷の証言で「伝聞供述」の判断です。実際に体験しているかが、ポイントだと思いました。

スク東先生:なるほど、前回、その辺りをやりました。もう少しだけ説明してもらっていいですか。

目撃者Aは、「話をしていた2人のうち1人が『甲,お前に貸した金を早く返せ。』と言うことを直接聞いています。要証事実を「犯人がVから甲と呼ばれていたこと」との関係で、Aの体験だと思いました。

スク東先生:そうですね。A自身の体験を公判廷で話しているので、伝聞供述ではないです。

よかった、前回肢アでやったことを使うとすごくスムーズにいきました。

スク東先生:はい、細かいことを押さえるよりは、大枠の理解を確認してきたいですね。

はい、この調子でどんどん、次回以降もやっていこうと思います。

スク東先生:その調子です。コツコツ頑張っていきましょう。それでは、キリがいいので、今日はこの辺りで・・・。それでは、また、来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 | コメントをどうぞ

刑事訴訟法・令和3年第23問肢アを考えてみよう 

【前回のあらすじ】

刑法の令和3年第23問肢アの検討を始めていきます。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

まあまあですかね。

スク東先生:そうですか。とにかく、体調に気をつけましょう。早速、肢を検討していきましょう。予備試験令和3年第23問肢アですね。

【事例】
甲は,「令和2年12月5日午前1時頃,H市内のI公園内で,ゴルフクラブでVを殴打して殺した。」との殺人の事実により,H地方裁判所に起訴された。公判において,犯行の目撃者A,甲の妻B,甲の知人Cの証人尋問が,それぞれ実施された。
【記述】
ア.Aの,「話をしていた2人のうち1人が『甲,お前に貸した金を早く返せ。』と言うと,言い争いになり,その後,言われた方がもう一方に棒のようなものを振り下ろした。」旨の証言は,要証事実を「甲がVに借金をしていたこと」とした場合,伝聞証拠に当たらない。

忘れないように、事案を載せておきました。
結論は、どうですか。

これは、誤っています。

スク東先生:なんでですか。

うーん。

スク東先生:なるほど、意味をわかって正解しないといけません。伝聞証拠にあたると、証拠採用ができませんね。条文も確認しましょう(320条1項)。

(伝聞法則)
第320条
1.第321条乃至第328条に規定する場合を除いては、公判期日における供述に代えて書面を証拠とし、又は公判期日外における他の者の供述を内容とする供述を証拠とすることはできない。

確か、相手方の反対尋問権を保障する必要がある。そして、伝聞だと、知覚・記憶・表現・叙述の過程で誤りが生じるので、誤判の恐れがあるからですね。

スク東先生:そうですね。よく勉強されてます。そうすると、本件の要証事実との関係で、Aの供述を証拠採用すると誤判の恐れがあるかを見ていけばいいでしょう。改めてどうでしょうか。

伝聞にあたるが正解だから、誤判の恐れがあるということですね。

スク東先生:まあ、あっているんですが、意味を取りたいですね。どういった意味で、証拠採用するとまずいかを説明しないと・・・。

うーん、わかった。Aは、犯行を目撃していますが、「甲がVに借金していたこと」は知らないはずです。だから、この供述を証拠とするのはまずいように思いました。

スク東先生:おお、いいです。契約の当事者は甲とVで、たまたま犯行を目撃したAが知るわけないです。こんな発言で、要証事実が認定されると困りますね。

はい、だから伝聞証拠にあたるとなります。

スク東先生:そうですね。概ね、そんな感じで判断していただければよいと思います。ただ、気を付けてほしいのは、今回の場合、公判廷の供述になるので、いわゆる「伝聞供述」となります。

なるほど「伝聞供述」ですね。

スク東先生:はい、この場合、証言者の知っていることに対して反対尋問の行使が必要になります。証言者自身が、直接体験していることかをチェックするとよいでしょう。

わかりました。

スク東先生:それでは、今日も時間となりましたので終わりします。この続きはまた、来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 | コメントをどうぞ

刑事訴訟法・令和3年第23問を考えてみよう

【前回のあらすじ】

刑訴の令和3年第19問を前回まで検討しました。次は、何をやるのでしょうか。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

普通ですね。

スク東先生:なるほど、そうですか。それはなによりです。
では、早速、今日も問題をやっていきましょう

〔予備試験令和3年23問〕

〔第23問〕(配点:3)
次の【事例】について述べた後記アからオまでの【記述】のうち,正しいものの組合せは,後記1から5までのうちどれか。
【事例】
甲は,「令和2年12月5日午前1時頃,H市内のI公園内で,ゴルフクラブでVを殴打して殺した。」との殺人の事実により,H地方裁判所に起訴された。公判において,犯行の目撃者A,甲の妻B,甲の知人Cの証人尋問が,それぞれ実施された。
【記述】
ア.Aの,「話をしていた2人のうち1人が『甲,お前に貸した金を早く返せ。』と言うと,言い争いになり,その後,言われた方がもう一方に棒のようなものを振り下ろした。」旨の証言は,要証事実を「甲がVに借金をしていたこと」とした場合,伝聞証拠に当たらない。
イ.Aの,「話をしていた2人のうち1人が『甲,お前に貸した金を早く返せ。』と言うと,言い争いになり,その後,言われた方がもう一方に棒のようなものを振り下ろした。」旨の証言は,要証事実を「犯人がVから甲と呼ばれていたこと」とした場合,伝聞証拠に当たる。
ウ.Bの,「令和2年12月1日午後1時頃,自宅において,甲から『探していたゴルフクラブを家の物置で見つけた。』と言われた。」旨の証言は,要証事実を「甲が犯行時点よりも前からゴルフクラブを所持していたこと」とした場合,伝聞証拠に当たる。
エ.Bの,「令和2年12月8日午後3時頃,自宅において,甲から『3日前の午前1時頃,H市内のI公園で,Vをゴルフクラブで殴り殺した。』と言われた。」旨の証言は,要証事実を「Vを殺したのが甲であったこと」とした場合,伝聞証拠に当たる。
オ.Cの,「令和2年12月7日午後5時頃,甲から電話があり,『2日前の午前1時頃には,俺は自宅でテレビ番組を見ていた。』と言われた。」旨の証言は,要証事実を「Vが殺されたとき甲が自宅にいたこと」とした場合,伝聞証拠に当たらない。
1.ア イ 2.ア オ 3.イ ウ 4.ウ エ 5.エ オ

ふーん、今日は今年の令和3年23問を取り上げるんですね。

スク東先生:そうです。

なるほど、今回も以前のスク東の勉強会で取り上げた題材ですね。

スク東先生:はい、引き続き勉強会で取り上げた問題を題材に復習も兼ねて、議論できればと思います。

ふーん、今度、勉強会ありましたね。

スク東先生:そうなんですよ。8月29日(日)16:00~17:30で、今年の民法を検討します。詳細はこちら、ぜひ、興味がある方はいらしてください。

わかりました。

スク東先生:はい、早速、やっていこうと思ったのですが、本日はとりあえず、予告だけにしておきます。次回から肢アを一緒に考えていきましょう。それでは、今日も時間となりましたので終わりします。
この続きは、また明日お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 | コメントをどうぞ