司法試験29年4問(民法)肢アを検討する 第4回 94条2項の第三者に差押債権者があたるか その3

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年4問(民法)肢「ア.甲土地を所有するAがBと通謀して甲土地をBに仮装譲渡し,AからBへの所有権移転登記がされた後,Bの債権者Cが甲土地を差し押さえた場合において,その差押えの時にCが仮装譲渡について善意であったときは,Aは,Cに対し,Bへの譲渡が無効であることを主張することができない。」を検討することになりました。その過程で,94条2項の第三者について意味を確認することになったのでした。

では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,昨日の続きやっていきましょう。
忘れないように,94条2項の条文も載せておきます。

(虚偽表示)
民法第94条
1.相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
2.前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

判例は,94条2項の第三者について,「虚偽表示の当事者または一般承継人以外の一般承継人以外の者であって,その表示の目的につき法律上利害関係を有するに至った者」としているようですが,あらゆる第三者とすると社会通念上,問題となるのはなぜか,わかりましたか。

東花子さん

うーん,結局,良くわかりませんでした。

そうですか。では,一緒に考えていきましょう。当事者以外のあらゆる者を第三者と素直に読むと,誰が困るのでしょうか。

考えている

そうですね。虚偽の外観を作出した当事者(本人)ではないでしょうか。

いいですね,分かっているじゃないですか。そしたら,あらゆる第三者を保護したら,本人が害されるといえば良いんじゃないんですか。

東花子さん

うーん,確かにそうかもしれませんが,本人も通謀して虚偽の外観を作出しているので,悪いことをしています。そんな者を積極的に保護する必要がないように思いました。

なるほど,気持ちはわかりますが,物事を少し抽象的にとらえすぎてますね。
確かに,本人は通謀して虚偽の外観を作出しているので,取引秩序上望ましくないことをしてますが・・・。
なんでもかんでも,その責任を本人負わせるのは酷ではありませんか。

考えている

まだ,ピンときません。

うーん,そうですか。じゃあ,極端な例をしますが,AさんがBさんの大事な物を窃取しました。その結果,Bはショックで死亡しました。この場合,Bの死ついて,一般にAに責任を問えますかね。

東花子さん

それは,無理でしょう。さすがに窃盗(刑法235条)で,人が死ぬことはないでしょうから。

そうですね。まあ,この例は,現実的ではないかもしれません。しかし,確認したいのはそこではなく,行為者に責任を取らせるためには,一般にその行為と結果との間に関係性(因果性)が必要ということです。

東花子さん

うーん,改めて言われるとそうですね。Aさんは,抽象的には窃盗という悪いことはしてます。しかし,だからといってBの死についてAに責任を問うのは行き過ぎです。

その通りです。これを踏まえて,もう一回,今回の民法の例を考えるとどうですか。

考えている

なるほど,確かに当事者(本人)は,通謀して虚偽の外観を作ってますが,それと全く関係ない第三者に対してまで,その責任を負うのは本人にとって酷ですね。

いいですね。本人から見て,自分の行為と関連性(因果性)がない部分までも責任を取らせるのは行き過ぎです。
このことから,第三者の要件を絞る必要性が,現実的にあります。

考えている

そうか,判例は,その利益状況が分かっているわけですね。

結論や社会的事実から見ると,そう考えられます。ここで確認したいのは,表面的に字面を追っていても,今の点はわからないということです。

東花子さん

確かに,現実の情景を膨らませないと,結論だけを押さえることになります。

はい,その結果,意味がわかってないので,すぐに忘れることになります。理解をするには,実際の目線に立つことがとても大事ですね。

考えている

良くわかりました。そこまで分かると94条2項の第三者の言葉も,自分の言葉として説明できるように思いました。

その通りです。94条2項の趣旨は,権利外観とされてますが,本人が帰責性を持って作出した外観と第三者が信じた外観が一致していることが必要です。

東花子さん

なるほど,その一致があって初めて本人を犠牲して善意の第三者を保護できるのですね。

はい,ぜひ押さえておいてください。これで94条2項の意味が十分,確認できました。これを踏まえて今回の差押債権者はどうなるか分かりますか。

考えている

うーん,考えてもいいですか。

そうですね。最後の一押し考えてもらいましょう。では,今日も時間となりましたので,ここまでとします。この続きはまた明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 総則, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中