司法試験29年4問(民法)肢アを検討する 第5回 94条2項の第三者に差押債権者があたるか その4

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年4問(民法)肢「ア.甲土地を所有するAがBと通謀して甲土地をBに仮装譲渡し,AからBへの所有権移転登記がされた後,Bの債権者Cが甲土地を差し押さえた場合において,その差押えの時にCが仮装譲渡について善意であったときは,Aは,Cに対し,Bへの譲渡が無効であることを主張することができない。」を検討することになりました。その過程で,94条2項の第三者について意味を確認することになったのでした。
どうやら,本人の作出した外観と第三者の信頼したものが一致することが重要のようです。
差押債権者があたるかを確認することになったのでした。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,昨日の続きやっていきましょう。
94条2項の条文も載せておきます。

(虚偽表示)
民法第94条
1.相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
2.前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

判例は,94条2項の第三者について,「虚偽表示の当事者または一般承継人以外の一般承継人以外の者であって,その表示の目的につき法律上利害関係を有するに至った者」となってます。昨日のやりとりで,この意味が概ねわかりましたね。

東花子さん

はい,表示の目的について法律上利害関係にいたったということは,本人の作出した表示を信じて,法律上の利害関係に入ったということですね。

はい,結局,本人が作出した外観と第三者の信頼した外観の一致がポイントになります。
本件の差押債権者は,どう考えますか。

考えている

そうですね。Bの債権者Cは,AB間で仮装した所有権の登記を信頼して,差押を行っています。まさに,本件の94条2項の第三者にあたると思いました。

いいですね。そして,利害関係に入った時点で,第三者が善意かどうかを判断します。
ここも出題されたことがあるので押さえておきましょう。

東花子さん

わかりました。

はい,これで概ね,検討は終わりました。
最後の当てはめはあっさりしてしまいましたが,それまでの考え方が重要です。

東花子さん

そうですね。規範の意味を押さえれれば,あとは考えて結論がでますからね。

その通りです。ですので,しっかりこの機会に押さえましょう。
では,今日も時間となりましたので,ここまでとします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 総則, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中