予備試験29年1問(民法)を検討しよう 実践編 第2回

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験29年1問(民法)【司法試験29年1問】を実践的に検討することになりました。
肢アは,誤りとすぐに,わかりました。次に肢「イ」か肢「オ」のいずれかを検討すると良いことがわかりましたが,肢「オ」を先に検討すれば,最短で解答がでます。
こっちを先に解答するのも手だとスク東先生がおっしゃっておりましたが,そんな結果論的なことはできるのでしょうか。

では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん,早速始めていきましょう。
忘れないように問題を載せておきます。

Aが19歳で,親権に服する男性であることを前提として,次のアからオまでの各記述のうち,正しいものを組み合わせたものは,後記1から5までのうちどれか。

  • ア.Aがその親権者から営業を行うことを許可された後に親権者の同意を得ずに売買契約を締結した場合には,その売買契約がその営業に関しないものであっても,Aは,その売買契約を取り消すことができない。
  • イ.Aの親権者が,新聞配達のアルバイトによりAが得る金銭の処分をAに許していた場合において,Aがそのアルバイトによって得た金銭で自転車を購入したときは,Aがその売買契約を締結する際に親権者の同意を得ていないときであっても,Aは,その売買契約を取り消すことができない。
  • ウ.Aがその親権者の同意を得ずにAB間に生まれた子を認知した場合であっても,Aは,その認知を取り消すことができない。
  • エ.Aが精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある場合でも,Aが成年に達するまでは,家庭裁判所は,Aについて後見開始の審判をすることができない。
  • オ.Aが相続によって得た財産から100万円をBに贈与する旨の契約を書面によらずに締結した場合において,書面によらない贈与であることを理由にAがその贈与を撤回したときでも,Aが贈与の撤回について親権者の同意を得ていなかったときは,Aは,贈与の撤回を取り消すことができる。

1.ア ウ 2.ア エ 3.イ ウ 4.イ オ 5.エ オ

結局,「ア」は,誤りで, 残り,3.イ ウ 4.イ オ 5.エ オのうち,「イ」と「オ」が共通という話でした。

花子さん

そうでした,そうでした。どちらかが誤りと分かれば,正解がでますね。

そうですね。3つうち2つ同時に切れることになるので,残った肢が答えになりますからね。
その際に,順番通りでなく,「オ」を先にすべきという話をしてましたが,理由を考えてこられましたか。

東花子さん

一応,考えてみました。

いいですね。話を聞かせてもらいますか。

考えている

結局,出題側としては時間をかけさせたいので,切れる肢を散らしてくるように思いました。

その通りですね。概ね良いと思います。もちろん,必ずしもいえないのですが,「ア」で2つ,「イ」で2つ切れて,残りが正解のパターンは少ないように思います。また,第1問ということも考えると,サクサク解けるのも違和感がありますね。

東花子さん

なるほど,どういうことでしょうか。

はい,本件,試験の第1問目というのは,受験生の出鼻をくじくみたいなところがあります。
皆,1問目は気合をいれてくる。したがって,いやな問題が配置されていることがあったりするんですよ。

考えている

確かに,そこまで分かると出題者目線で「オ」を先に検討したいところです。

そうですね。最初は時間があるので,どうしてもゆっくり行きたいところですが,後々のことまで考えるとシビアにいきたいところです。

東花子さん

よく分かりました。

まあ,この辺りの最終的な感覚は,答練で試すのが良いでしょう。
あと,本問の場合,単純に「イ」「オ」で,問題肢の長さが代わらないのも大きいです。

考えている

確かにそうですね。

はい,これも大事な考え方なのですが,肢の長さを考えないで,わざわざ時間のかかりそうな肢を選択する方がいます。とにかく,効率を考えると肢の長さも重大な選択要素だと思います。ぜひ,意識しましょう。それで,「オ」の解答は,どうですか。

東花子さん

はい,誤りです。

そうですね。贈与の撤回によりAに不利益は生じません。取消を認めて本人を保護する必要性は低いです。
詳細は,以前やってますので,こちらを参考ください。

予備試験29年1問肢オ 第9回

花子さん

わかりました,良く復習しておきます。

はい,これで「オ」が誤りと確定したので,「4.イ オ」「 5.エ オ」が切れて,残りの「3.イ ウ」が正解です。

考えている

はい,この時点で次の問題にいけるのが理想ですね。

そうですね。慣れないと不安もあるでしょうが,その辺りを答練で試しましょう。
では,今日はこんなところで終わりにします。この続きは,また明日,お楽しみに。

実践編で検討していない肢の詳細はこちら

予備試験29年1問肢イ 第5回 第6回
予備試験29年1問肢ウ 第7回
予備試験29年1問肢エ 第8回



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 平成29年, 平成29年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中