予備試験29年1問(民法)を検討しよう 実践編 第1回

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
今日からは,予備試験29年1問(民法)【司法試験29年1問】を実践的に検討していきます。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。では,早速,問題の検討を始めて行きましょう。
では,問題はこちらです。

Aが19歳で,親権に服する男性であることを前提として,次のアからオまでの各記述のうち,正しいものを組み合わせたものは,後記1から5までのうちどれか。

  • ア.Aがその親権者から営業を行うことを許可された後に親権者の同意を得ずに売買契約を締結した場合には,その売買契約がその営業に関しないものであっても,Aは,その売買契約を取り消すことができない。
  • イ.Aの親権者が,新聞配達のアルバイトによりAが得る金銭の処分をAに許していた場合において,Aがそのアルバイトによって得た金銭で自転車を購入したときは,Aがその売買契約を締結する際に親権者の同意を得ていないときであっても,Aは,その売買契約を取り消すことができない。
  • ウ.Aがその親権者の同意を得ずにAB間に生まれた子を認知した場合であっても,Aは,その認知を取り消すことができない。
  • エ.Aが精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある場合でも,Aが成年に達するまでは,家庭裁判所は,Aについて後見開始の審判をすることができない。
  • オ.Aが相続によって得た財産から100万円をBに贈与する旨の契約を書面によらずに締結した場合において,書面によらない贈与であることを理由にAがその贈与を撤回したときでも,Aが贈与の撤回について親権者の同意を得ていなかったときは,Aは,贈与の撤回を取り消すことができる。

1.ア ウ 2.ア エ 3.イ ウ 4.イ オ 5.エ オ

早速,いきましょう。まず,肢「ア.Aがその親権者から営業を行うことを許可された後に親権者の同意を得ずに売買契約を締結した場合には,その売買契約がその営業に関しないものであっても,Aは,その売買契約を取り消すことができない。」からです。どうでしょうか。

東花子さん

誤っています。

どうしてでしょう。

東花子さん

営業の許可を受けた場合,営業に関してのみ未成年者が成年者と同じ行為能力を有するとされています(6条1項)。

その通りです。したがって,営業に関しない場合,Aは,未成年者として取り扱われます。したがって,親権者の同意を得ずに法律行為をした場合,Aは取消すことができます(5条1項,120条)。

花子さん

これは,比較的判断しやすいと思います。

そうですね。詳細を確認したい方は,こちらをご確認ください。

予備試験29年1問肢ア 第2回 第3回 第4回

これで,「1.ア ウ」「2.ア エ」が切れます。
つぎに,何を検討すれば良いでしょうか。

考えている

「イ」でしょうか。

なるほど,どうしてでしょう。

花子さん

単純に,順番通り検討すれば良いと思いました。

そうですか。確かに,忘れてますね。

東花子さん

あれ,おかしいなー?

いやいや,肢を確認してください。

「3.イ ウ」「4.イ オ」「5.エ オ」があります。何か,気付くことはありますか。

東花子さん

思い出しました。「イ」と「オ」が2つずつ入ってます。

そうですね。どちらかが,誤りと判断できれば2つ切れるので最短になります。それを分かっていて「イ」を選択するにはまだ良いのですが・・・。

東花子さん

すいません,考えていませんでした。

肢を見て対応しないとダメです,時間戦略がとても大事ですよ。
そこまで,踏まえた上で改めてどっちを検討しましょう。

東花子さん

うーん,やっぱり「イ」ですか,順番だから。

なるほど,それは一つの考え方ですね。
まあ,この辺りは好みの問題ですが,「オ」からやる考え方もありえます。

考えている

そりゃ,そうでしょうね。

後知恵と言われたらそれまでですが,本問は「オ」から検討した方が正解が早く出ます。

東花子さん

確かに,正解が「3.イ ウ」なので,そうですね。

どう考えていけば,「オ」を先に選択する発想に行くでしょう。

東花子さん

うーん,少し考えさせてもらっていいですか。

そうですか。本日は,実践編,初回なのでボチボチ入っていければと思います。
ヒントは,視点を変えて考えて見ましょう。では,今日はここまでとします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則, 平成29年, 平成29年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中