刑法・令和2年第1問を考えてみよう その1

【前回のあらすじ】

刑法の司法30-14を検討しました。これから、刑法令和2年第1問を検討するようですね。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

東花子さん

まあ、普通ですね。

スク東先生:なるほど、そうですか。寒くなってきましたので、くれぐれも体調をくずなさいよう気をつけてください。。

それでは、今日からは、新しい問題を検討していきたいと思います。検討する問題はこちらです。

〔司法試験令和2第1問・予備試験令和2年11問〕
次の1から5までの各記述を判例の立場に従って検討した場合,正しいものはどれか。
1.甲は,Xに対し,暴行や脅迫を用いて,自殺するように執拗に要求し,要求に応じて崖から海に飛び込んで自殺するしかないとの精神状態に陥らせた上で,Xを崖から海に飛び込ませて死亡させた。この場合,甲に,Xに対する殺人罪は成立しない。
2.甲は,追死する意思がないのにあるように装い,その旨誤信したXに心中を決意させた上で,毒物を渡し,それを飲み込ませて死亡させた。この場合,甲に,Xに対する殺人罪は成立しない。
3.甲は,財物を奪取するために,当該財物の占有者Xに対し,反抗を抑圧するに足りる程度の暴行や脅迫を用いて,当該財物を差し出すしかないとの精神状態に陥らせた上で,当該財物を差し出させた。この場合,甲に,Xに対する強盗罪は成立せず,窃盗罪の間接正犯が成立する。
4.甲は,日頃から暴行を加えて自己の意のままに従わせて万引きをさせていた満12歳の実子Xに対し,これまでと同様に万引きを命じて実行させた。この場合,Xが是非善悪の判断能力を有する者であれば,甲に,窃盗罪の間接正犯は成立せず,Xとの間で同罪の共同正犯が成立する。
5.甲は,Xが管理する工事現場に保管されている同人所有の機械を,同人に成り済まして,甲をXであると誤信した中古機械買取業者Yに売却し,同人に同機械を同所から搬出させた。この場合,甲に,Xに対する窃盗罪の間接正犯が成立する。

考えている

ふーん、今年の問題ですね。

スク東先生:そうですね。まあ、皆さんが関心あるところだと思うので、これからじっくり検討していこうと思います。

東花子さん

なるほど、じゃあ肢1からですね。

スク東先生:そうですね。早速、入っていきたいんですが・・・。

東花子さん

あれ、やらないんですか。

スク東先生:いやー、いきなりやっていくのもいいんですが、東さん、なんの準備もしていないでしょ。

花子さん

そりゃ、もちろん。

スク東先生:・・・。えっと、自信をもって言われてもね。自分なりに考えをあらかじめ整理して取り組まないと受け身になってしまいます。

東花子さん

なるほど、それはそうです。だから、予め考えておけということですね。

スク東先生:そういうこと、ということで、今日は、前振りということにしましょう。一つ一つ丁寧に考えることを心掛けたいですね。それは、今日は、この辺りでということ致しましょう。この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 | コメントをどうぞ

刑法・細かい知識も考えて理解しよう(逃走罪を例にして)その7

【前回のあらすじ】

刑法の司法30-14肢4を検討しました。次は肢5のようです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

東花子さん

まあ、普通ですね。

スク東先生:なるほど、そうですか。まあ、淡々とやっていきましょう。

それでは、前回の続きということで、

司法試験平成30第14問肢「5.甲は,逮捕状により警察官に逮捕された乙の身柄を奪い返そうと考え,路上において,乙を連行中の同警察官に対し,体当たりをする暴行を加え,同警察官がひるんだ隙に,同所から乙を連れ去った。甲に被拘禁者奪取罪が成立する余地はない。」

を検討しましょう。
例によって、関係にない肢は割愛します。

それで、まず、正解はどうでしょう。

考えている

誤っています。

スク東先生:そうですね。結論は、大丈夫そうです。今回は、条文を先に確認しましょう。

(被拘禁者奪取)
第99条
法令により拘禁された者を奪取した者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

スク東先生:まあ、さすがに、この条文を正確に理解している人はいないでしょう。

東花子さん

そうですね、その話を聞いて安心しました。

スク東先生:それで、どのあたりを頼りに検討してきましょうか。

考えている

えっと、法益でしょうか。国家の拘禁作用がだったと思います。

スク東先生:いいですね。甲は警察官に対して暴行を加えて、乙を奪取しています。これにより国家の拘禁作用が害されてますね。

東花子さん

はい、だから成立する余地があるでよいかと思います。

スク東先生:まあこの問題は、マイナーな犯罪も法益さればとりあえずは、正解がでるくらいでいいと思います。

東花子さん

なるほど、ありがとうございます。

スク東先生:はい、今日は、非常に淡泊に終わってしまいましたが、最初のうちは、重要な肢。本件でいうと正解に絡む4なんかは、しっかり押さえたいですね。濃淡を意識しながら勉強されるとよいでしょう。

それでは、ちょっと物たりない感じもしますが、ちょうどキリよく行きましたので、この辺りで終わりにします。この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 | コメントをどうぞ

刑法・細かい知識も考えて理解しよう(逃走罪を例にして)その6

【前回のあらすじ】

刑法の司法30-14肢3を検討しました。次は肢4のようです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

東花子さん

そうですね。普通ですね。

スク東先生:なるほど、そうですか。まあ、寒くなってきましたが、淡々とやっていきましょう。

それでは、前回の続きということで、

司法試験平成30第14問肢「4.確定判決によって刑務所に収容されていた甲は,その看守に当たっていた刑務官に対する単なる反抗として同刑務官を押し倒したところ,同刑務官が気絶したため,その隙に逃走しようと思い立ち,同刑務所から逃走した。甲に加重逃走罪が成立する余地はない。」

を検討しましょう。
例によって、関係にない肢は割愛します。

それで、まず、正解はどうでしょう。

考えている

正しいです。

スク東先生:そうですね。結論は、大丈夫そうです。では、本問のポイントはどこでしょう。

東花子さん

えっと、単なる反抗ということですが、甲は刑務官に対して、「暴行」しているのではないでしょうか。

スク東先生:おお、いいですね。理解をしっかりするために、条文も併せて確認してみましょう。

(逃走)
第97条
裁判の執行により拘禁された既決又は未決の者が逃走したときは、1年以下の懲役に処する。

(加重逃走)
第98条
前条に規定する者又は勾引状の執行を受けた者が拘禁場若しくは拘束のための器具を損壊し、暴行若しくは脅迫をし、又は2人以上通謀して、逃走したときは、3月以上5年以下の懲役に処する。

スク東先生:たしかに、「暴行をし」逃走したときに加重逃走罪が成立するように読めます。

東花子さん

はい、ただ解答にある通り、この場合は、加重逃走罪が成立しないとなります。

スク東先生:そうですね。なぜでしょうかね。

考えている

うーん。

スク東先生:なるほど、マイナーな問題なので、考え込んでしまいました。こういうときは、とにかく、難しく考えない方がいいです。加重逃走罪は、単純逃走罪(97条)より重い犯罪ですね。

考えている

それは、そうです。だから、97条も何気に載せているんですね。ただ、それが何か?

スク東先生:まあ、慌てないで。97条も98条も、法益は国家の拘禁作用なわけです。加重逃走罪が成立するには、国家の拘禁作用への影響が大きい場合を想定していると思うんですよ。

東花子さん

なるほど、量刑からみてもそういえますね。あと「加重」という罪名から見ても、そういうことでしょうね。

スク東先生:はい、そこも踏まえて、改めてこの肢を読むとわかってくるんですよ。暴行を加えているように思うのですが、「単なる反抗として同刑務官を押し倒した」わけです。こういうことって、通常の流れで、想定できるのではないでしょうか。

考えている

そうか、確かに刑務所に入っている方は、刑務官に対して多少、反抗的な態度行動にできることは考えられるでしょうね。

スク東先生:でしょ。そこで、今回甲は、偶然の気を失ったという敵失に乗った形で逃走しているわけです。これは、もちろんとがめられるべき行為だと思うのですが・・・。

東花子さん

なるほど、ある程度予測できる場合、逃走できないように刑務所側で予防策を取るべきです。

スク東先生:そうなんですよ。そう考えると、今回逃走させてしまったのは、国家側にも若干の不備があったわけです。
この場合も、加重逃走というのは少し重すぎという判断になります。

考えている

そうか、加重逃走罪が成立する「暴行」は、もっと無理やり国家の拘禁作用を突破した感じを想定していると。

スク東先生:いいですね。そのように理解すると、法経侵害の程度が多くなるので、加重というのも、うなずけます。

東花子さん

なるほど、納得しました。ありがとうございます。

スク東先生:よかったです。こういう細かなことを押さえるためには、イメージが大事です。やみくも覚えても、すぐ忘れてしまいます。その際も、あまり深入りすることはせず、こんな感じで、簡単に整理すると記憶に定着しやすいでしょう。ぜひ、細かいことを押さえる際に、参考にしてみてください。
それでは、今日も時間なりましたので、この辺りで終わりにします。この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 | コメントをどうぞ

刑法・細かい知識も考えて理解しよう(逃走罪を例にして)その5

【前回のあらすじ】

刑法の司法30-14肢2を検討しました。次は肢3のようです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

東花子さん

そうですね。まあまあですかね。

スク東先生:なるほど、とにかく体調管理には気をつけてください。

それでは、前回の続きということで、

司法試験平成30第14問肢「3.刑務官である甲は,勤務先の拘置所に未決勾留中で,自らが看守していた被告人乙を逃走させようと考え,乙の房の扉を解錠し,乙を同拘置所から逃走させた。甲に看守者逃走援助罪が成立する余地はない。」

を検討しましょう。
例によって、関係にない肢は割愛します。

それで、まず、正解はどうでしょう。

考えている

誤っています。

スク東先生:そうですね。いいでしょう、本問のポイントはどこでしょうか。

東花子さん

うーん。

スク東先生:なるほど、甲は乙を逃走させようと考え、乙の房の扉を解除し、送させてます。しかし、乙は、甲の意図を知らないのではないでしょうか。

東花子さん

確かに!!

スク東先生:この場合も、看守者逃走援助罪、成立するのですかね。刑も、そこそこ重いですよ。

(看守者等による逃走援助)
第101条
法令により拘禁された者を看守し又は護送する者がその拘禁された者を逃走させたときは、1年以上10年以下の懲役に処する。

東花子さん

いやー、ただ、今回は成立すると思います。甲乙間の意思連絡はないが、草逃走を物理的に用意したわけです。重く処罰しないと。

スク東先生:そうですね。国家の拘禁作用に協力すべき刑務官が、逆にこれを侵害しています。重く処罰されないといけません。

考えている

はい、あと実際、片面的幇助は、認められていたはずです。逃走援助は、本来、従犯減軽になってしまうのを重く処罰するのが特徴です。体系的な理解からも大丈夫のように思いました。

スク東先生:いいですね。それが、逃走援助罪のポイントですね。この機会にしっかり整理しておきましょう。無事検討できました。このあたり、キリがいいので終わりにしましょう。この続きは、また来週、お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 | コメントをどうぞ

刑法・細かい知識も考えて理解しよう(逃走罪を例にして)その4

【前回のあらすじ】

刑法の司法30-14肢1を検討しました。次は肢2のようです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

東花子さん

そうですね。ボチボチですかね。

スク東先生:なるほど、そうですか。少し寒くなってきましたので、体調管理には気をつけてください。早速、前回の続きということで、

司法試験平成30第14問肢「2.確定判決によってA刑務所に収容されていた甲は,B刑務所への護送中,刑務官の隙を見て護送車から脱出し,刑務官の追跡を完全に振り切って民家の庭に隠れたが,しばらくして,付近の捜索を継続していた刑務官に発見されて護送車に連れ戻された。甲に逃走罪の既遂罪が成立する余地はない。」

を検討しましょう。
例によって、関係にない肢の表記は割愛します。

それで、まず、正解はどうでしょう。

考えている

誤っています。逃走罪の既遂の成立する余地はあるので。

スク東先生:なるほど、あっていますね。今回の問題点はどこでしょう。

東花子さん

そうですね。甲は、刑務官の追跡を一度は完全に振り切っていますが、しばらくして捕まってますね。

スク東先生:そうですね。しかも、よく見ると、刑務官は付近の捜索を継続しており、その流れの中で捕まっています。このように全体で大きくとらえると逃走に失敗した場合も既遂といえるかがポイントです。

花子さん

あれ、今日は、ポイント結構すぐいってくれましたね。

スク東先生:まあ、たまにはね。いずれにしても、問題肢の事情が大事です。それで、この場合にも既遂が成立するが答えなのですが、どう考えますかね。

東花子さん

正直、最終的には捕まっていますが、一度は振り切っているので既遂にして重く処罰したいところですね。

スク東先生:そうですね。実際、この場合の甲は、一般人に危害を加える可能だってあります。ここは、既遂にする必要性がありそうです。

考えている

はい、そこで、一度完全に振り切ったところで、国家の拘禁作用に対して法益侵害の結果が派生したということでしょうね。

スク東先生:いいでしょう。一度は、甲に対する拘禁が失われていると評価できますからね。こんな感じで、整理すればよいでしょう。

東花子さん

すぐ、終わってよかった。よく復習します。

スク東先生:そうですね。ぜひ考え方を大事に勉強してください。
それでは、今日は、終わりします。この続きはまた来週、お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 | コメントをどうぞ