司法試験29年4問(民法)肢オを検討する 第10回 94条2項の第三者(転得者)その2

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年4問(民法)肢「オ.甲土地を所有するAがBと通謀して甲土地をBに仮装譲渡し,AからBへの所有権移転登記がされた後に,BがCに甲土地を譲渡し,さらに,CがDに甲土地を譲渡した場合において,Cが仮装譲渡について悪意であったときは,Dが仮装譲渡について善意であったとしても,Aは,Dに対し,甲土地の所有権を主張することができる。」を検討することになりました。
結論は出たのですが,問題の所在がでていないようです。
大事なので,改めて確認することになったのでした。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,続きをやっていきましょう。
一応,条文も載せておきます。

(虚偽表示)
民法第94条
1.相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
2.前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

結局,転得者を善意の第三者に含むとする問題点はわかりましたでしょうか。

考えている

よく分かりませんでした。

なるほど,そうですか。わかりました,一緒に考えていきましょう。

花子さん

よろしくお願いします。

まず確認ですが,94条2項で第三者を保護した趣旨は,何でしたか?

考えている

確か,権利外観だったと思います。

そうですね。権利外観は,①虚偽の外観,②本人の帰責性,③相手方の信頼がポイントです。
これで何か気づきませんか。

東花子さん

うーん,さすがに,まだピンときません。

なるほど,そうですよね。では,同じく権利外観の趣旨が当てはまる制度はわかりますか。
なんか,総則の規定にありませんでしたか。

東花子さん

なるほど,確か表見代理も趣旨は,権利外観だったように思います。

いいですね。そして,表権代理における第三者は,直接の相手方に限られてました(最判昭36.12.12参照)。

花子さん

そうか,確かに代理の外観を信じるのは,直接の相手方だけという話でした。そこから考えると,ABが作った外観を信じるのは,直接の相手であるCだけという説明もあり得ますね。

そういうことです。なんとか,それっぽい主張を出せました。
条文の記載があっても諦めず,趣旨などを使ってあり得そうなことを言ってみることは大事です。

現実にも,Aから見れば,一番悪いの悪意であるCが勝手にDに売却したことであって,自分はその責任を取りたくないといいたいところです。

考えている

なるほど,確かにその通りです。

はい,しかし,この点を踏まえても判例は,転得者も94条2項の第三者にあたるとしてます。
なぜでしょうかね。

東花子さん

うーん,何か直接の相手方に限ってもいいように思えてきました。少し考えてもいいですか。

そうですね,ポイントになるところですので,考えてもらいましょうか。
では,今日も時間となりましたので終わりにします。この続きはまた明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 総則, 平成29年, 民法 | コメントをどうぞ

司法試験29年4問(民法)肢オを検討する 第10回 94条2項の第三者(転得者)その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年4問(民法)肢オを検討することになりました。

では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年4問(民法)肢「オ.甲土地を所有するAがBと通謀して甲土地をBに仮装譲渡し,AからBへの所有権移転登記がされた後に,BがCに甲土地を譲渡し,さらに,CがDに甲土地を譲渡した場合において,Cが仮装譲渡について悪意であったときは,Dが仮装譲渡について善意であったとしても,Aは,Dに対し,甲土地の所有権を主張することができる。」を検討していきます。

考えている

誤ってますね。

あってますね。どうして,そのように考えるのでしょうか。

東花子さん

判例によれば,94条2項の第三者に転得者も含まれるようです。(最判昭45.7.24)

なるほど,結論はあってます。条文も確認しましょう。

(虚偽表示)
民法第94条
1.相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
2.前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

ただ,判例がそういってますでは,ただ知っているだけになってしまいます。
どう考えて行きましょうか。

東花子さん

うーん,結局,転得者Dは,当事者AB以外の第三者です。そして,問題肢には,Dは善意であったとしてもあります。したがって,素直に「善意の第三者」にあたると思いました。

おお,文理解釈ですね。とても良い指摘だと思います。94条2項は条文を知っているはずですので,そこから出発すればいいです。でも,それだとどうでしょう。

花子さん

えっ,これじゃダメなんですか。

うーん,それだと判例でわざわざ転得者も含まれるなんて,確認する必要性がないように思います。
問題意識を出さないといけませんよ。

考えている

確かにそうですね。どこがポイントなんだろう。

ここは考えたいですね。
こういうときは,文理解釈を貫いた時の問題点をちょっと指摘してみましょう。

花子さん

なるほど,わかりました。ちょっと,考えさせてもらえますか。

そうですね。ぜひ考えてもらいたいので,ここまでとしましょう。
では,今日も時間となりましたので終わりにします。この続きはまた明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則, 平成29年, 民法 | コメントをどうぞ

司法試験29年4問(民法)肢エを検討する 第9回 94条2項の第三者(相続人)

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年4問(民法)肢エを検討することになりました。

では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年4問(民法)肢「エ.甲土地を所有するAがBと通謀して甲土地をBに仮装譲渡し,AからBへの所有権移転登記がされた後に,Bが死亡した場合において,Bが死亡した時にBの相続人であるCが仮装譲渡について善意であったときは,Aは,Cに対し,甲土地の所有権を主張することができない。」を検討していきます。

考えている

誤ってますね。

いいですね,あってます。どうして,そのように考えるのでしょうか。

東花子さん

94条2項の第三者にあたりません。

いいですね。条文も確認しておきましょう。

(虚偽表示)
民法第94条
1.相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
2.前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

どうして,そのように考えるのですか。

東花子さん

相続人Cは,虚偽の外観に基づいて新たに独立して法律上の利害関係に入った者といえないからです。

いいですね,あってます。良く勉強されてますね。

花子さん

いえ,この問題を通していろいろ確認したので,わかりました。

なるほど,そうですか,ただ,それだとあまりに面白くないので,少しだけ理解を確認していきましょう。
結局,形式的に相続人Cは,AB以外の第三者といえそうです。
ただ,実質的にどういえますか。利益状況を指摘してみてください。

考えている

えっと,良くわかりません。

そうですか,ちょっと,質問が漠然としすぎました。結局,相続人CはABが通謀で作出した外観を信じましたか。

東花子さん

そうか,信じていませんね。Cは相続財産を包括承継しています。あくまでも,甲土地は相続財産の一部だと思いました。

その通りです。相続財産と甲土地は別物です。仮にBに相続財産がほとんどなく,甲土地が多くの価値を占めていたとしても対象としては別となります。

花子さん

なるほど,したがって,相続人Cは保護すべき者でないことがわかりますね。

いいですね。ここで確認したいのは,判例の規範に至るまでの考え方です。
当事者が作出した外観と,第三者が信じたが外観に一致がなかったら,当事者(本件ならA)を保護するということです。

考えている

はい,Aから見ると,確かに虚偽の外観を作っているが,相続人Cは,そのこととは直接,関係ないでしょうということですね。

その通りです。そこを理解すれば万が一,判例の言葉が正確に分からなくても,正解を出すことができます。
ですので,ぜひ,しっかり規範の意味を確認しておきましょう。

花子さん

わかりました。やはり,理解をすることが大事です。

そうですね。では,今日も時間となりましたので,ここまでとします。この続きはまた明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則, 平成29年, 民法 | コメントをどうぞ

司法試験29年4問(民法)肢ウを検討する 第8回 転抵当権者が94条2項の第三者にあたるか

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年4問(民法)肢ウを検討することになりました。

では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年4問(民法)肢「ウ.甲土地を所有するAがBと通謀して甲土地にBのための抵当権設定を仮装した後,その抵当権設定が仮装であることについて善意のCがBから転抵当権の設定を受け,その旨の登記がされた場合には,Aは,Cに対し,原抵当権の設定が無効であることを主張することができない。」を検討していきます。

考えている

正しいですね。

いいですね,あってます。どうして,そのように考えるのでしょうか。

東花子さん

判例があるみたいです(最判昭55.9.11)。

なるほど,それだと,ただ知っているだけですね。どこがポイントでしょうか。

考えている

94条2項の第三者に転抵当をしたものがあたるかですね。

その通りです。条文も載せておきましょう。

(虚偽表示)
民法第94条
1.相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
2.前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

この場合は,94条2項の第三者にあたりますか。

東花子さん

そうですね,当たると思います。

なぜ,でしょうか。

東花子さん

当事者ABが作出した外観を信じて,Cは転抵当を設定してます。したがって,虚偽の外観に基づいて新たに独立して法律上の利害関係に入った者といえるからです。

おお,なるほど,良く勉強されているじゃないですか。

花子さん

はい,今までの94条2項の問題の問題をしっかりやったので解答することができました。

そうですね。基本をしっかり,押えれば今日の肢のような問題は,確実に取ることができます。
この調子で頑張ってください。
では,今日も時間となりましたので,ここまでとします。この続きはまた明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則, 平成29年, 民法 | コメントをどうぞ

司法試験29年4問(民法)肢イを検討する 第7回 94条2項の善意の第三者の判断時期(予約完結権)その2

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年4問(民法)肢「イ.甲土地を所有するAがBと通謀して甲土地をBに仮装譲渡した後に,CがBとの間で甲土地についてCを予約者とする売買予約を締結した場合,仮装譲渡についてCが予約成立の時に善意であっても,予約完結権行使の時に悪意であれば,Cは,Aに対し,甲土地の所有権を主張することができない。」を検討することになりました。予約完結権の行使時を基準に善意,悪意を判断するようです。
予約成立の際に保護されないのは,Cとって酷ではという疑問に対して,意味を確認することになったのでした。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,続きをやっていきましょう。忘れないように条文も載せておきます。

(虚偽表示)
民法第94条
1.相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
2.前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

結局,予約の際の時点を基準としない,完結権の行使を基準とする判例の意味はわかりましたか。

考えている

うーん,良くわかりませんでした。

なるほど,そうでしたか。じゃあ,予約完結権の条文を確認しましたか。

東花子さん

いえ,確認しませんでした。

やっぱり,そうだと思いました。予約に関する条文を確認しましょう。

(売買の一方の予約)
民法第556条
1.売買の一方の予約は、相手方が売買を完結する意思を表示した時から、売買の効力を生ずる。
2.前項の意思表示について期間を定めなかったときは、予約者は、相手方に対し、相当の期間を定めて、その期間内に売買を完結するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。この場合において、相手方がその期間内に確答をしないときは、売買の一方の予約は、その効力を失う。

556条ですね。どうでしょうか。

東花子さん

うーん,完結意思表示を表示した時から,効力が生ずるとなってます。

ということは,完結の意思表示前は効力が生じていないことになります。
また,確認ですが,予約によって売買契約は,成立していますか。

東花子さん

えっと,成立しているのではないでしょうか。予約完結権の意思表示が,停止条件となっている売買契約のように思いました。

なるほど,そういう考えもありますが,判例は,相手方の予約完結権の意思表示によって初めて成立する(大判大8.6.10)としてますよ。

考えている

へー,ということは,予約段階では契約も成立してないので,独立して取引安全上保護に値する第三者ではない。だから,予約時が基準とならないわけですね。

はい,結局,予約時に,取引上保護すべき者になっていないのがポイントです。

東花子さん

概ね,分かりました。でも,なぜ判例は,予約完結権の行使によって初めて契約が成立するとしているのですかね。今度,そこが分からなくなりそうです。

なるほど,確かにそうですね。
ここは,いろいろありそうですが,一番,簡単そうなのは,556条で特別に規定があることがヒントになりそうです。

東花子さん

うーん,どういうことでしょう。

いや,単純に停止条件付売買契約であれば,既存の一般制度の枠内で説明できます。したがって,わざわざ556条を別に規定する意味がないように思いますね。

東花子さん

確かに,一応は筋が通ってます。

そうですね。こういうところは,あまり突っ込まず,忘れないように仕掛けをしておけば良いでしょう。
では,今日も時間となりましたので,終わりにします。この続きは,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則, 平成29年, 民法 | コメントをどうぞ