刑法・司法試験令和4年第13問(予備試験令和4年第11問)肢イを考えてみよう その1

【前回のあらすじ】

今日から,刑法司法令和4年13問(予備試験令和4年第11問)肢アを検討しました。
次は,肢イからです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

まあまあですが・・・。なんだか,急に冷えてきましたね。

スク東先生:そうですね。つい先日まで,暑いですねっていっていたのに,あっという間でしたね。こういうときは,体調管理を特に気を付けたいところです。

では早速,問題の検討を始めていきましょう。

刑法司法令和4年13問(予備試験令和4年第11問)肢イです。

「イ.甲は、窃取したA名義のクレジットカードの番号等を冒用し、インターネット上の決済手段として使用できる電子マネーを不正入手しようと考え、Aの氏名、同番号等の情報をインターネットを介してクレジットカード決済代行業者のコンピュータに送信し、Aが上記電子マネー10万円分を購入した旨の電磁的記録を作出し、これによってインターネット上で同電子マネーを利用することを可能とした。この場合、甲には、支払用カード電磁的記録不正作出罪が成立する。」

正解はどうでしょう。

誤りです。

スク東先生:そうですね。なんでですか。

はい,甲は窃取したA名義のクレジットカードの番号等を冒用しておりますが,クレジットカードは本物だと思いました。

スク東先生:いいですね。条文も確認してみましょう。

(支払用カード電磁的記録不正作出等)
第163条の2
1.人の財産上の事務処理を誤らせる目的で、その事務処理の用に供する電磁的記録であって、クレジットカードその他の代金又は料金の支払用のカードを構成するものを不正に作った者は、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。預貯金の引出用のカードを構成する電磁的記録を不正に作った者も、同様とする。
2. 不正に作られた前項の電磁的記録を、同項の目的で、人の財産上の事務処理の用に供した者も、同項と同様とする。
3. 不正に作られた第1項の電磁的記録をその構成部分とするカードを、同項の目的で、譲り渡し、貸し渡し、又は輸入した者も、同項と同様とする。

スク東先生:確かに,支払用カード電磁的記録不正作出罪が成立するには,カードそのものを不正に作出する必要があります。

そうですね。だから,この肢は誤りだと思いました。

スク東先生:なるほど,確かにあっているとは思いますが・・・。

なるほど,何か引っかかっている感じですね。

スク東先生:いやいや,いいですよ。正解がでているし,説明も正しいので・・・。ただ,なんとなく不安が残るというか。

どういうことでしょう?

スク東先生:支払用カード電磁的記録不正作出罪って,あまり,勉強しないじゃいないですか。だから,この機会に今のポイントをしっかり押さえておく必要があるんじゃないかなって思うんです。

なるほど,今ここで正解してもしょうがいないということですね。

スク東先生:そうそう,きたる本番のときに,試験現場,パッと聞かれても今の解答がしっかりできるように準備しないといけないわけです。

だから,ちょっと考えるわけですね。

スク東先生:そういうことです。その繰り返しが経験になって,積みあがれば,本番での対応力もあがると思うのです。

いいたいことは,わかりました。って,どうやってすればいいですかねー。

スク東先生:うーん,気持ちはわかりますが,初めから聞いてたら経験にならないでしょ。

なるほど,確かにそうですね。まずはやってみろと・・・。

スク東先生:そういうこと,なんとか工夫することが大事だと思います。ということで,ちょっと考えてもらいましょう。ただ,その際にお願いしたいことがあります。それはあんまり難しいことはやらなくていいですよ。

ふーん,なんでですか。

スク東先生:いやいや,単純に難しいこと考えても,本番使えないでしょ。限られた時間の中でできることは限られているわけだから。

確かに,考えることが目的ではなく,本番に解答できるようにするための手段なんですね。そこは気を付けたいと思います。

スク東先生:はい,ぜひそのようなことを意識して見てください。それでは,今日も時間となりましたのでこの辺りしましょう。この続きはまた来週,お楽しみに。

広告
カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中