刑法・司法試験令和4年第13問(予備試験令和4年第11問)肢アを考えてみよう その2

【前回のあらすじ】

今日から,刑法司法令和4年13問(予備試験令和4年第11問)肢「ア.甲は、Aから金銭を借り入れるに際し、借入金を返済する意思も能力もないのに、知人Bに対し、「借入金は必ず自分で返済する。Bには迷惑をかけないので、保証人になってほしい。」とうそを言い、その旨Bを誤信させ、Aに差し入れる予定の甲を借主とする金銭消費貸借契約書を閲読させ、その保証人欄に署名押印させた。この場合、甲には、有印私文書偽造罪が成立する。」を検討することになりました。

その際,Bが誤信しているので,甲の道具ではないかという議論になりました。
ただ,結論を見るとそのようには考えられていないようです。
どうしてでしょうね。一緒に考えてみましょう。

それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

まあまあです。

スク東先生:そうですか。まあ,コツコツやっていきましょう。

では早速,前回の続きです。

結局アで,甲はうそを言い,その旨Bを誤信させてます。そのように考えると,名義人はB,作成者は甲ではないかという疑問が生じてました。
そこまでの流れは,覚えてますか。

はい,一応。しかし,それだと甲に有印私文書偽造罪が成立してしまいますね。

スク東先生:ええ,名義を偽っていることになりますからね。ただ,正解は誤りなので,そのようには考えない。

そうです。それがなぜかということを整理するのが宿題でした。

スク東先生:はい,いいですね。それで,結論でました?

いやぁ,それが,なんとも・・・,はい。

スク東先生:なるほど,そうですか。難しく考えすぎたかもしれませんね。じゃあ一緒に考えてみましょう。といっても,あんまり,複雑にする必要はありません。結局,甲はBに嘘をついてますが,こういうことって,それなりにあると思うんですよ。

なるほど。確かに。甲から見れば,そうとでも言わないと,保証人になってくれる人が,かなり減ります。言われてみれば,ある程度,交渉の範囲のように思いますね。

スク東先生:そうなんです。また,Bとしても,断ることできたはずですよね。

そうか,あと,Bは保証人欄に署名押印したことはわかっています。この点からも道具とはいえないように思いました。

スク東先生:はい,一方的とはいえませんからね。結局,事情があるにせよ,Bは自分で署名したことはわかってます。だから,名義は偽っていないといえるでしょう。

なるほど,よくわかりました。勝手に難しく考えすぎてました。

スク東先生:よかったです。こんな感じで,イメージを膨らませればいいと思います。パッと聞かれて,困った時でも考えて解答できるようにしたいですね。大変だと思いますが,コツコツやっていきましょう。それでは,今日も時間となりましたので,この辺りで終わりします。この続きは,また来週お楽しみに。

広告
カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中