刑法・司法試験令和4年第17問(予備試験令和4年第8問)肢1を考えてみよう その1

【前回のあらすじ】

今日から,刑法司法令和4年17問(予備試験令和4年第8問)を検討することになりました。
まずは,肢1からです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

はい,なんとか大丈夫ですが,とにかく暑いですね。

スク東先生:なるほど,そうですね。まあ,淡々と続けるしかありません。
それでは早速,問題の検討を始めていきましょう。

刑法司法令和4年17問(予備試験令和4年第8問)肢1です。

「1.甲は、Aから財物を詐取した上で当該財物の返還を免れるためにAを殺害することを計画し、計画どおりにAから財物を詐取し、その後、殺意をもってAの胸部をナイフで刺して殺害し、これにより、財物の返還を免れるという財産上不法の利益を得た。甲には、詐欺罪と強盗殺人罪が成立し、これらは包括一罪となる。」

正解はどうでしょう。

正しいですね。

スク東先生:そうですね。なんでですか?

どうやら,窃盗罪又は詐欺罪と強盗殺人未遂とで,包括一罪として処理した判例があるようです。それに近いのかと(最判昭61.11.18)

スク東先生:なるほどね,ただ,それだと。

はい,判例を知っていないとできないとなってします。

スク東先生:そうですね。もちろん,それがパッとできれば,よいのかも知れませんが・・・。なかなか難しいのではないでしょうか。ですので,どう押さえるかを整理しないといけません。どうしましょう?

うーん。

スク東先生:なるほど,考え込んでしましたか。そういうときは,落ち着いて1つ1つ整理していくことです。甲は,どういう行為をしてます?

なるほど,甲は「①計画どおりにAから財物を詐取し」、その後、「②殺意をもってAの胸部をナイフで刺して殺害」をしてますね。

スク東先生:そうですね。だから,どうなります?

そうか,①は,詐取しているので,「詐欺罪」(246条1項),②は,「強盗殺人罪」(240条)が成立します。

スク東先生:はい,②だけ見ると,「殺人罪」のようにみえますが,「甲は、Aから財物を詐取した上で当該財物の返還を免れるためにAを殺害することを計画」して殺人してますかね。

よかった,だから詐欺罪と強盗殺人罪は,包括一罪です。

スク東先生:いやー,そうですか。結論を急ぎたくなる気持ちもよーく,わかりますが・・・。

あれ,なんか,おかしなこといいました?

スク東先生:あのー,この問題は,「罪数」がテーマです。詐欺罪と強盗殺人罪が成立するとしてどう処理するかがポイントではないでしょうか。

あら,ばれました。よくわからないので,それとなく通り過ぎようしたんですが・・・。

スク東先生:なるほどね。気持ちは,よーくわかりますが,こういうところを1つずつ詰めて整理しないといけません。

そうですよね。わかりました。

スク東先生:ということで,本題を整理していきたいんですが・・・。

なるほどね,ちょっと自分でも整理してみろと・・・。

スク東先生:はい,急いで中途半端にやるよりは,丁寧に積み上げていった方がいいですからね。ということで,今日はこの辺りで終わりにします。この続きは,また来週。お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中