刑法・司法試験令和4年第12問(予備試験令和4年第3問)を考えてみよう その6

【前回のあらすじ】

刑法の司法試験令和4年第12問(予備試験令和4年第3問)を検討することになりました。
④まで,検討しました。次は,⑤のようです。

では,はじまり,はじまり。

スク東先生:こんにちは,東さん。

スク東先生,こんにちは。

スク東先生:いやぁ,今日も元気でよかった。相変わらず暑いですね。それでは,淡々と前回の続きやっていきましょう。問題文はこちら。

予備令和4-3・司法令和4-12【状態犯・継続犯】

(以下,省略)

学生B.ところで,状態犯についても,犯罪の終了時期と既遂時期の関係について考える必要があります。私は,傷害罪については,両者は,⑤(i.常に一致する・j.一致するとは限らない)と考えます。被害者が一旦負傷した後,その傷害が悪化し続けることがあるからです。
1.①a②c③f
2.①a②d⑤i
3.①b③e④h
4.②c④g⑤i
5.③e④g⑤j

スク東先生:今日は,⑤について考えていきます。まず,結論は,どうなりますか。

「j.一致するとは限らない」が入ります。

スク東先生:そうですね。正しいです。なぜでしょうか。

はい,学生Bは⑤のあとに,「被害者が一旦負傷した後,その傷害が悪化し続けることがあるからです。」と発言してます。文脈からなんとなく「j」かなぁって。

スク東先生:ふーん。確かに,犯罪の終了時期と既遂時期の関係について,多くは一致するが,例外もある,という言い方にみえますね。

そうですね。また,常に一致するというのは,言い過ぎのように思いました。

スク東先生:なるほど,社会は複雑ですからね。簡単に割り切れるほど単純なものではないと・・・。そうですね。本当にそれしか分からなければ,最悪,それでもいいように思いますが・・・。

やはり,理解して解答しろと。

スク東先生:はい,その方が,あとに繋がりそうですからね。

うーん。

スク東先生:なるほど,考え込んでしまいましたか。そんなに悩まなくても大丈夫ですよ。そうだなぁ「既遂時期」って,どういうことを指すんでしょうかね。

そうか,定義から落ち着いて整理すればいいわけですね。「結果が発生した時期」だと思います。

スク東先生:そうですね。概ねあっているんですが,一応,「構成要件的結果が発生した時期」としておきましょう。③のfにも「構成要件的結果」という言葉がありますからね。

なるほど,傷害した時期(傷害の結果が確定した時期)を既遂時期とするわけですね。そう考えると,確かに,「被害者が一旦負傷した後,その傷害が悪化し続け」た場合,まだ,傷害の結果の内容が確定してません。

スク東先生:そうそう,犯罪終了後に悪化してまずので,終了時期と既遂時期がずれているでしょ。

そうか,だから,⑤(j一致するとは限らない)となるわけですね。

スク東先生:そういうこと,これで,正解は5となるわけです。わかりましたか。

はい・・・。正解を出すには,いろいろな知識がいるのもよくわかりました。

スク東先生:そうですよね。穴埋めの問題は,何かとテクニックに走りがちですが,基本的な理解が大事です。ぜひ,この機会に確認してくださいね。それでは,今日はこの辺りで終わりにしましょう。この続きは,また,来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中