刑法・司法試験令和4年第12問(予備試験令和4年第3問)を考えてみよう その4

【前回のあらすじ】

刑法の司法試験令和4年第12問(予備試験令和4年第3問)を検討することになりました。
状態犯と継続犯のことについて,いろいろ知識を確認しました。
今日はその続きです。

では,はじまり,はじまり。

スク東先生:こんにちは,東さん。

スク東先生,こんにちは。

スク東先生:それでは,早速ですが,前回の続き初めていきましょう。

予備令和4-3・司法令和4-12【状態犯・継続犯】

(以下,省略)

学生C.私は,継続犯は,③(e.構成要件該当行為・f.構成要件的結果)が継続する犯罪であると考えます。私の見解からは,被害者の監禁中に監禁罪の法定刑を引き上げる新法が施行された場合,それ以降の監禁については,④(g.新法・h.旧法)が適用されることになります。
学生A.私は,Cさんの継続犯に関する理解には賛成できません。例えば,行為者が被害者を監禁した後に眠り込んだ場合であっても犯罪は継続しますが,行為者が眠り込んだ後には意思に基づく身体の動静がない以上,Cさんの見解のように理解するのは困難だと考えるからです。

(以下,省略)

スク東先生:③④は,どうなるでしょう?

うーん,学生Cだけ読んでも,よくわかりません。

スク東先生:そうですね。わからない段階では,無理に埋めることなく読み続けましょう。次の学生Aの発言がヒントになります。何かわかりませんか。

はい,具体例がヒントになっているのはわかるのですが,なかなか意味が・・・。

スク東先生:なるほど,では,少し考えてみましょう。「行為者が被害者を監禁した後に眠り込んだ場合であっても犯罪は継続します」といってますが,寝ている間に行為をしてますか。

なるほど,「行為者が眠り込んだ後には意思に基づく身体の動静がない」ということで,行為を認めることは難しいといっているわけですね。

スク東先生:はい,この批判がCの発言に向けられています。だから,入るのは。

「e.構成要件該当行為」です。

スク東先生:そうなります。実際に,「f.構成要件的結果」ということは,監禁罪の場合,監禁されていた者の可能的自由が害された結果と考えれますが,行為者が眠っていても,ドアに鍵などがかっていたら,構成要件的結果は継続しているといえますからね。

なるほど,そういう意味でも,③は,「e.構成要件該当行為」なんですね。よくわかりました。では,④はどう考えていけばよいのでしょう。旧法,新法とか言われてもよくわからなくて・・・。

スク東先生:そうですよね。まあ,気持ちはわかるんですが,ここは,東さんにも,しっかり整理してもらいたいですね。

ふーん,いろいろ聞く前に,できることまずやってみなさいと・・・。

スク東先生:はい,調べて押さえるのも大事ですからね。

なるほど,わかりました。やってみます。

スク東先生:その意気です。ぜひ頑張ってください。ここは,混乱しがちな分野ですが,原則をしっかり押さえたいです。それがわかるとスッキリすると思いますよ。それでは,今日も時間となりましたので,この辺りで。この続きは,また来週,それでは。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中