刑法・司法試験令和4年第12問(予備試験令和4年第3問)を考えてみよう その3

【前回のあらすじ】

刑法の司法試験令和4年第12問(予備試験令和4年第3問)を検討することになりました。
その際,周辺知識も理解しないとダメということになりました。
確認していきましょう。
それでは,はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは,東さん。

スク東先生,こんにちは。

スク東先生:最近,暑いですね。

はい,そうですね。とにかく,調子を壊さないようにしようと思います。

スク東先生:そうですね。体調管理には気を付けたいですね。まあ,サクッと,前回のつづき入っていきましょう。関連部分だけ載せておきます。

予備令和4-3・司法令和4-12【状態犯・継続犯】
学生A,B及びCは,次の【会話】のとおり議論している。【会話】中の①から⑤までの()内から適切な語句を選んだ場合,正しいものの組合せは,後記1から5までのうちどれか。
【会話】
学生A.状態犯とは,法益侵害の発生と同時に犯罪が終了するが,その後も法益侵害状態が残存する犯罪です。傷害罪がその典型です。これに対し,継続犯とは,法益侵害が継続している間は犯罪の継続が認められる犯罪であり,監禁罪や,①(a.保護責任者不保護罪・b.窃盗罪)がこれに当たると考えられます。
学生B.住居侵入罪を状態犯と解すべきか,継続犯と解すべきかは争いがあります。②(c.状態犯・d.継続犯)と解する立場は,反対説によると,侵入後の現場滞留についても住居侵入罪が成立し,不退去罪が規定されている意味が失われてしまうと同説を批判します。

(以下,省略)

前回,状態犯と継続犯の意味を確認するのが,宿題でした。

スク東先生:そうそう,それで結局,どうでしたか。

はい,状態犯は,学生Aの発言にもあるように,「法益侵害の発生と同時に犯罪が終了するが,その後も法益侵害状態が残存する犯罪」となります。そして,継続犯は,「法益侵害が継続している間は犯罪の継続が認められる犯罪」ですね。

スク東先生:なるほど,あってますが,結局,何がポイントですか。

えっ,うーん。

スク東先生:そうか,少し質問が悪かったですかね。もちろん,状態犯と継続犯の説明はあっているのですが,整理しないと結局忘れちゃうでしょ。だから,どこに注目すべきかを確認しているわけです。

なるほど,「相違点」ということでしょうか。法益侵害が,一定期間,継続しているという点は同じです。違うのは,法益侵害の発生と同時に犯罪が終了するか,犯罪行為が継続するかです。

スク東先生:そうですね。分類がでてきたら相違点を意識しましょう。ちなみに,本題ではないけど,もう1つの分類わかります?

はい,「即成犯」です。こちらは,法益侵害の発生と同時に犯罪が終了,法益侵害も終了します。

スク東先生:いいですね。ポイントをしっかりおさえてます。では,本題ですが,①(a.保護責任者不保護罪・b.窃盗罪)にはa.保護責任者不保護罪が入ります。こちらはなぜでしょうか。

えっと,窃盗罪は,「状態犯」です。窃盗罪の保護法益は,占有ですが,犯罪終了後も,法益侵害は継続します。また,犯罪行為(窃取)は,法益侵害の発生と同時に終了します。

スク東先生:そうですね。状態犯の定義がわかれば,b.窃盗罪がわかります。したがって,消去法で①a.保護責任者不保護罪だと。

はい,そうです。

スク東先生:まあ,1つの解法として,正しいように思いますね。あとは,a.保護責任者不保護罪の法益が,生命,身体の安全ですが,不保護行為が継続しているうちは,法益侵害も継続してますね。継続犯の定義から正解を導いてもよいかと思います。次に②は,c,dどちらが入るでしょう。

学生B.住居侵入罪を状態犯と解すべきか,継続犯と解すべきかは争いがあります。②(c.状態犯・d.継続犯)と解する立場は,反対説によると,侵入後の現場滞留についても住居侵入罪が成立し,不退去罪が規定されている意味が失われてしまうと同説を批判します。

c.状態犯です。「反対説によると,侵入後の現場滞留についても住居侵入罪が成立し」といってますが,継続犯だと,犯罪行為が継続することになるので,侵入後の現場滞留にも住居侵入罪が成立するからです。

スク東先生:そうですね。いいですが,なんか急に解答,筋がよくなりましたね。

はい,定義がわかっていたので,そこから整理してみました。

スク東先生:なるほど,いいですね。細かいこと仮に忘れても,問題文の定義からも正解ができるよう作られます。問題文をしっかり読むことが大事ですね。

そう思いました。

スク東先生:はい,穴埋め問題は,なかなか敬遠しがちですが,粘り強く定義から考えて解答していきたいですね。では,今日はこの辺りで終わりしましょう。この続きはまた来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中