刑法・司法試験令和4年第12問(予備試験令和4年第3問)を考えてみよう

【前回のあらすじ】

民法の司法試験令和3年第13問を前回まで検討しました。次は,何をやるのでしょうか。
それでは,はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは,東さん。

こんにちは。スク東先生!!

スク東先生:あれ,今日は,元気がいいですね。なんか,いいことでもあったんですか。

いやぁ,これといって,特にないんですが・・・。

スク東先生:そうですか。まあ,元気なのは,いいことですね。それでは,今日から新しい問題やっていきますか。

今回,取り上げる問題は,こちらです。

予備令和4-3・司法令和4-12【状態犯・継続犯】
学生A,B及びCは,次の【会話】のとおり議論している。【会話】中の①から⑤までの()内から適切な語句を選んだ場合,正しいものの組合せは,後記1から5までのうちどれか。
【会話】
学生A.状態犯とは,法益侵害の発生と同時に犯罪が終了するが,その後も法益侵害状態が残存する犯罪です。傷害罪がその典型です。これに対し,継続犯とは,法益侵害が継続している間は犯罪の継続が認められる犯罪であり,監禁罪や,①(a.保護責任者不保護罪・b.窃盗罪)がこれに当たると考えられます。
学生B.住居侵入罪を状態犯と解すべきか,継続犯と解すべきかは争いがあります。②(c.状態犯・d.継続犯)と解する立場は,反対説によると,侵入後の現場滞留についても住居侵入罪が成立し,不退去罪が規定されている意味が失われてしまうと同説を批判します。
学生C.私は,継続犯は,③(e.構成要件該当行為・f.構成要件的結果)が継続する犯罪であると考えます。私の見解からは,被害者の監禁中に監禁罪の法定刑を引き上げる新法が施行された場合,それ以降の監禁については,④(g.新法・h.旧法)が適用されることになります。
学生A.私は,Cさんの継続犯に関する理解には賛成できません。例えば,行為者が被害者を監禁した後に眠り込んだ場合であっても犯罪は継続しますが,行為者が眠り込んだ後には意思に基づく身体の動静がない以上,Cさんの見解のように理解するのは困難だと考えるからです。
学生B.ところで,状態犯についても,犯罪の終了時期と既遂時期の関係について考える必要があります。私は,傷害罪については,両者は,⑤(i.常に一致する・j.一致するとは限らない)と考えます。被害者が一旦負傷した後,その傷害が悪化し続けることがあるからです。
1.①a②c③f
2.①a②d⑤i
3.①b③e④h
4.②c④g⑤i
5.③e④g⑤j

ふーん,刑法司法試験令和4年第12問(予備試験令和4年第3問)をやるんですね。

スク東先生:はい,前回スク東の勉強会で取り上げた問題です。

そうなんですね。刑法か,しかも穴埋め・・・。苦手だなー。

スク東先生:そういうと思いました。だから,あえて検討しようかと。

なるほどー。わかりました。ふと疑問に思ったんですが,次の勉強会は,いつですか。

スク東先生:えっと,6月26日(日)16:00~17:30ですね。今年の刑事訴訟法の問題を検討します。詳細はこちら,ぜひ,興味がある方はいらしてください。

わかりました。

スク東先生:はい,早速,やっていこうと思ったのですが,今回はとりあえず予告だけにしておきます。それでは,今日も時間となりましたので終わりします。
この続きは,また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中