民法・司法試験令和3年第13問(予備試験令和3年第6問)肢オを検討してみよう その1

【前回のあらすじ】

民法司法令和3年13問を検討することになりました。
本日は,肢オです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

普通です。

スク東先生:なるほど,そうですか。少し暑くなってきましたが,体調管理に気を付けていきましょう。

民法司法令和3年13問肢オです。

「オ.債務の弁済と,当該債務の担保として設定された抵当権の設定登記の抹消登記手続とは,同時履行の関係に立つ。」

正解はどうでしょう。

誤りです。

スク東先生:そうですね。なんでですか?

えっと,判例があります。(大判明37.10.14)

スク東先生:なるほど。ただ,それだと。

ええ,結局,知らなければダメということになります。

スク東先生:そうですよね。まあ,今回は,比較的わかりやすい肢のでそれでも解答はできると思いますが・・・。

はい,実際,過去問にも,出題あるようです。(平24-24肢イ,平29-26肢5)

スク東先生:ただ,やはり,なぜかは,考えておきたいですね。

なるほど,目先の正解も大事ですが,考えるプロセスがもっと大事ですからね。

スク東先生:そうですね。ということで,どうして,弁済が先履行で,抵当権抹消登記が後なんでしょう。

うーん。

スク東先生:なるほど,なんとなくわかっていることを,改めて説明しろっていわれると返って迷いますよね。とてもわかります。
実際に,履行の確実性だけ考えると,債務の弁済をしたと抵当権抹消登記を同時履行の関係にした方がいいですからね。

そうですね。結局,よくわからなくなってきちゃいました。

スク東先生:はい,結論をただ覚えるという話になると,ただ暗記になってしまいます。こういうところも,しっかり理解していきたいです。

はい,いままで流していたことに気づきました。折角なので,一度考えてみたいのですが,いいですか。

スク東先生:いいですよ。っていうか,せひ,そうしてください。そうですね,じゃあその際に,少しだけ,考えてほしいことお伝えしますよ。債務の履行の確実性だけを考えるのであれば同時履行がいいです。ただ,結論は違う。ということは,同時履行だと何か具合からだと思うんですよ。それの辺りをイメージするとしっかり理解できると思います。

わかりました。その辺りを踏まえたいと思います。

スク東先生:はい,ぜひ,頑張って見てください。楽しみにしてます。それでは,この続きは,また来週お楽しみに。

カテゴリー: 民法, 令和3年 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中