民法・司法試験令和3年第13問(予備試験令和3年第6問)肢エを検討してみよう その1

【前回のあらすじ】

民法司法令和3年13問肢ウを検討しました。
本日は,肢エです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

まあまあです。

スク東先生:なるほど,そうですか。とにかく,体調管理は気を付けたいですね。それでは,早速始めていきましょう。

民法司法令和3年13問肢エです。

「エ.AがB所有の甲土地を占有して取得時効が完成した後,所有権移転登記がされることのないまま,甲土地にCのための抵当権が設定されてその登記がされた。Aがその後引き続き時効取得に必要とされる期間,甲土地の占有を継続し,その期間の経過後に取得時効を援用した場合は,AがCの抵当権の存在を容認していたときであっても,Cの抵当権は消滅する。」

正解はどうでしょう。

誤っています。

スク東先生:そうですね。なんでですか?

判例があるようです。(最判平24.3.16)

スク東先生:なるほどですね。ただ,それだと。

はい,例によって知らないと解答できません。

スク東先生:まあ,最悪,この肢がわかなくても「ウ」が正しいと判断できれば,「1.ア ウ」 で正解はできます。

ふーん,確かにそうですが,珍しいですね。正解肢との関係を言うなんて・・・。

スク東先生:はい,実際,この肢は,難易度が高いように思うので・・・。

なるほど。難しい肢の解答はなるべくさける。

スク東先生:そうですね。全部わからないと解答できないという考えは,まず捨てるのが大事です。利益状況や価値判断でわかるところから正解を出す。

わかりました。実際,解く上では,それで大丈夫ですが・・・。

スク東先生:はい,この機会にポイントだけでも考えたいですね。

そうなんです。どの辺から整理すればいいのでしょう。

スク東先生:そうですね。きちんと検討したいのですが,難しい議論になりそうなので,日を改めましょう。試験期間ですしね。短答試験は全てわからなくても大丈夫です。わかりやすい肢で,正解を出すように努めましょう。。それでは,今日も時間となりましたので終わりします。この続きは,また来週お楽しみに。

カテゴリー: 民法, 令和3年 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中