民法・司法試験令和3年第13問(予備試験令和3年第6問)肢ウを検討してみよう

【前回のあらすじ】

民法司法令和3年13問を検討することになりました。
本日は,肢ウです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

普通です。

スク東先生:なるほど,それは何よりです。前回までは,肢を切るための考え方の話をしました。ぜひ,練習してくださいね。
それでは早速,問題の検討を始めていきましょう。
少し空いてしまいましたが,

民法司法令和3年13問肢ウです。

「ウ.Aが甲土地を賃借したが,その対抗要件を具備しない間に,甲土地にBのための抵当権が設定されてその登記がされた。Aは,この登記がされた後,賃借権の時効取得に必要とされる期間,甲土地を継続的に用益したとしても,競売により甲土地を買い受けたCに対し,賃借権を時効により取得したと主張して,これを対抗することができない。」

正解はどうでしょう。

正しいです。

スク東先生:そうですね。なんでですか?

判例があるようです。(最判平23.1.21)

スク東先生:なるほどですね。ただ,それだと。

はい,結局,知らなければできないことになってしまいます。

スク東先生:そうですよね。どう考えていきましょう。

うーん。細かいことはわかりませんが,AとCどっちを,最終的に保護すべきかという問題になります。

スク東先生:はい,利益状況を考えるのが現実的でしょう。それで,実際どうなりますか。

はい,Cを保護することになります。Aが賃借権を対抗できないという結論が,正しいわけだから。

スク東先生:結論は,そうなんですが,問題を解く際は,答えがわからないはずです。したがって,それじゃ,答えになってませんね。どうして,そのような価値判断になったのでしょう。

うーん。

スク東先生:なるほど,変に考えるとそうなってしまいます。結局,Cは競売により甲土地を買い受けてます。一方で,Aの賃借権は,抵当権に対抗できませんよ。

そうか,そう考えるとCを保護しないと取引上問題ですね。

スク東先生:はい,競売は,担保権者にとって,被担保債権を回収するための大事な手続きです。買受人を保護してやらないと,担保の実効性も落ちることがわかれば,Cを保護する必要性もよりわかります。

はい,だから取得時効とか,一見もっともなことを言ってきたAより,Cを保護したんですね。

スク東先生:そうですね。そう考えると,正解にはたどり着くと思います。

利益状況を踏まえることが大事だということが,わかりました。

スク東先生:はい,わからないときは,あいまいな記憶をたどるのではなく,問題の当時者の立場になってみて,考えてみることが大事です。最初は難しいかもしれませんが,ぜひ試してみてください。それでは,今日も時間となりましたので終わりします。この続きは,また来週お楽しみに。

カテゴリー: 民法, 令和3年 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中