民法・司法試験令和3年第13問(予備試験令和3年第6問)肢イを検討してみよう

【前回のあらすじ】

民法司法令和3年13問を検討することになりました。
本日は,肢イです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

普通です。

スク東先生:なるほど,それは何よりです。
それでは早速,前回の続きということで,問題の検討を始めていきましょう。

民法司法令和3年13問肢イです。

「イ.甲土地の所有権が自己にあると過失なく信じて10年間その占有を継続した者は,甲土地上の抵当権の存在につき悪意であったときは,甲土地の所有権を時効取得することができない。」

正解はどうでしょう。

誤っています。

スク東先生:そうですね。なんでですか?

判例があるようです。(最判昭43.12.24)

スク東先生:なるほどですね。ただ,それだと。

はい,結局,よくわかりません。

スク東先生:まあ,そうですよね。どう考えていきましょう。

うーん。

スク東先生:なるほど,今回は,その迷ってしまう気持ち,よーくわかります。この肢は難しめのような気がします。

なるほど,そうなんですね。どう整理していけばいいでしょうか。

スク東先生:結局,所有権が自己にあるとして過失なく占有した者,抵当権者,いずれを保護すべきかという問題となります。

はい,正解は,甲土地の所有権を時効取得することができるなので,占有者を保護します。

スク東先生:そうですね。要は,抵当権について悪意でも,「所有権が自己にあると過失なく信じて占有開始すること」はあるので,時効取得を認めたということでしょう。

条文も,一応も載せておきますね。

第162条
1 (略)
2 10年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。

なるほど,具体的にどういう場合でしょう。

スク東先生:はい,そうですね,単純に占有を開始した者と,無関係の抵当権が土地建物についてた場合でしょう。抵当権は非占有担保物権ですので,土地建物として普通に使う分には問題ありません。そういうケースでしょうね。

ふーん,なんかあるけど,普通に使えるからほっといたということですね。

スク東先生:はい,実際,最判昭43.12.24で,取得時効を主張したのは,昭和27年6月から占有を始めた内縁の妻の方のようです。内縁の夫から,土地と建物を譲りけたのですが,内縁の妻は登記を具備していない事案でした。

なるほど,なんとなく占有者を保護しなければいけないように思いました。

スク東先生:そうですね。もちろん,この肢で,判例の事実まで想定するのは不可能です。ただ,細かいことは知らなくても,当事者の目線に立てば,意味がわからない場合,放置するというのは,十分ありえることだと思います。

うーん,そう考えると,所有者について善意無過失である以上,永続的な事実状態を尊重すべきとして取得時効が成立するんですね。一応,解答は,わかりました,ただ。

スク東先生:わかります。現場では難しいということでしょう。特に本番では解答時間が限られてますからね。大丈夫,安心してください。実際にこの問題は,そこのところ,うまく作られているんですよ。

そうなんですか。先生のおっしゃる意味が,よくわからないなぁ。

スク東先生:なるほど,わかりました。次回は,その辺りを少し検証しましょう。本試験も近いですし,ちょうどいいですね。ということで,ちょうど,キリがいいので,今回はここまでにいたしましょう。それでは,この続きはまた来週お楽しみに。

カテゴリー: 民法, 令和3年 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中