民法・司法試験令和3年第1問(予備試験令和3年第1問)肢エを検討しよう

【前回のあらすじ】

民法司法令和3年1問(民法予備令和3年1問)肢ウを検討しました。
つぎは,肢エです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

ぼちぼちです。

スク東先生:なるほど、そうですか。体調管理には気をつけましょう。
では、早速、前回の続きを始めていきましょう。

民法司法令和3年1問肢エ(民法予備令和3年1問肢エ)です。

「エ.失踪宣告が取り消された場合,失踪宣告によって財産を得た者は,失踪者の生存につき善意であっても,財産を得ることによって受けた利益の全額を失踪者に返還しなければならない。」

正解はどうでしょう。

誤っています。

スク東先生:そうですね。どうしてですか?

条文があります

スク東先生:なるほど,確認してみましょう。

(失踪の宣告の取消し)
第32条
1.(略)
2.失踪の宣告によって財産を得た者は、その取消しによって権利を失う。ただし、現に利益を受けている限度においてのみ、その財産を返還する義務を負う。

現に利益を受けている限度においてのみ、その財産を返還する義務を負います(32条2項ただし書)。

スク東先生:なるほど,全額の返還はいらないですね。

そうです。だから誤り。

スク東先生:まあ,確かにそうなんですが・・・。

はい,例によって,やっぱり意味を考えたいですね。

スク東先生:そういうこと,どうしでしょう。

うーん。

スク東先生:なるほど,少し難しく考えてしまいましたか。まずは,取り消したのであれば,本来するべきでしょうかね。

なるほど,肢のように,失踪者に全額利益を戻せということでしょうか。

スク東先生:そうですね。取消により,結果として失踪者の財産を処分したことになります。そこで,利益を得たのであらば,失踪者のところに本来あるべきですからね。

はい,ただ,失踪宣告によって財産を得た者は,失踪者の生存につき善意です。さすがに全額は,かわいそう。

スク東先生:いいですね。だから,現存利益となります。利得の返還に関しては,不当利得を参考すると整理がしやすいでしょう(703条,704条)。

よくわかりました。

スク東先生:はい,また今回,聞かれていませんが,失踪宣告によって財産を得た者が,失踪者の生存につき悪意の場合,全額になります(32条2項ただし書適用なし)。

はい,条文には,善意悪意の記載がないですが,悪意者でも現存利益でよいとするのは保護しすぎのように思います。

スク東先生:そうですね。32条2項ただし書は,利益を得たものを保護する趣旨です。悪意や保護に値しないので,その趣旨が及ばないと説明すればよいでしょう。

わかりました。ありがとうございます。

スク東先生:よかったです。こんな感じで,肢を解く機会に,関連知識も少し確認しておくと効率的だと思います。
それでは,今日も時間となりましたので,この辺りで終わりとします。この続きはまた来週,お楽しみに。

カテゴリー: 民法, 令和3年 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中