刑事訴訟法・令和3年第23問肢エを考えてみよう 

【前回のあらすじ】
刑法の令和3年第23問肢ウの検討をしました。次は、肢エです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

まあまあですね。

スク東先生:そうですか。体調管理に、気を付けていきましょう。早速、前回の続きです。予備試験令和3年第23問肢エですね。

【事例】
甲は,「令和2年12月5日午前1時頃,H市内のI公園内で,ゴルフクラブでVを殴打して殺した。」との殺人の事実により,H地方裁判所に起訴された。公判において,犯行の目撃者A,甲の妻B,甲の知人Cの証人尋問が,それぞれ実施された。
【記述】
エ.Bの,「令和2年12月8日午後3時頃,自宅において,甲から『3日前の午前1時頃,H市内のI公園で,Vをゴルフクラブで殴り殺した。』と言われた。」旨の証言は,要証事実を「Vを殺したのが甲であったこと」とした場合,伝聞証拠に当たる。

これは、正しいです。

スク東先生:なんでですか。

そうですね。「伝聞供述」ですので、実際にBが体験しているかが、ポイントだと思いました。

スク東先生:そうですね。今回ももう少し説明してもらえますか。

甲の妻Bが、「令和2年12月8日午後3時頃,自宅において,甲から『3日前の午前1時頃,H市内のI公園で,Vをゴルフクラブで殴り殺した。』と言われた。」ということです。実際に体験しているのは、甲から聞いたことですよね。

スク東先生:いいですね。続けてください。

はい、そして要証事実は「Vを殺したのが甲であったこと」ですが、Bは、甲の話を聞いただけで、直接、現場を見たわけではではありません。

スク東先生:その通り!!やはり、ポイント押さえればいけますね。

そう思いました。

スク東先生:はい、しっかり、ポイントを押さえると解けます。こんな感じでコツコツやっていきましょう。それでは、今日も時間となりましたのでこの辺りにします。この続きはまた来週。お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中