刑事訴訟法・令和3年第23問を考えてみよう

【前回のあらすじ】

刑訴の令和3年第19問を前回まで検討しました。次は、何をやるのでしょうか。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

普通ですね。

スク東先生:なるほど、そうですか。それはなによりです。
では、早速、今日も問題をやっていきましょう

〔予備試験令和3年23問〕

〔第23問〕(配点:3)
次の【事例】について述べた後記アからオまでの【記述】のうち,正しいものの組合せは,後記1から5までのうちどれか。
【事例】
甲は,「令和2年12月5日午前1時頃,H市内のI公園内で,ゴルフクラブでVを殴打して殺した。」との殺人の事実により,H地方裁判所に起訴された。公判において,犯行の目撃者A,甲の妻B,甲の知人Cの証人尋問が,それぞれ実施された。
【記述】
ア.Aの,「話をしていた2人のうち1人が『甲,お前に貸した金を早く返せ。』と言うと,言い争いになり,その後,言われた方がもう一方に棒のようなものを振り下ろした。」旨の証言は,要証事実を「甲がVに借金をしていたこと」とした場合,伝聞証拠に当たらない。
イ.Aの,「話をしていた2人のうち1人が『甲,お前に貸した金を早く返せ。』と言うと,言い争いになり,その後,言われた方がもう一方に棒のようなものを振り下ろした。」旨の証言は,要証事実を「犯人がVから甲と呼ばれていたこと」とした場合,伝聞証拠に当たる。
ウ.Bの,「令和2年12月1日午後1時頃,自宅において,甲から『探していたゴルフクラブを家の物置で見つけた。』と言われた。」旨の証言は,要証事実を「甲が犯行時点よりも前からゴルフクラブを所持していたこと」とした場合,伝聞証拠に当たる。
エ.Bの,「令和2年12月8日午後3時頃,自宅において,甲から『3日前の午前1時頃,H市内のI公園で,Vをゴルフクラブで殴り殺した。』と言われた。」旨の証言は,要証事実を「Vを殺したのが甲であったこと」とした場合,伝聞証拠に当たる。
オ.Cの,「令和2年12月7日午後5時頃,甲から電話があり,『2日前の午前1時頃には,俺は自宅でテレビ番組を見ていた。』と言われた。」旨の証言は,要証事実を「Vが殺されたとき甲が自宅にいたこと」とした場合,伝聞証拠に当たらない。
1.ア イ 2.ア オ 3.イ ウ 4.ウ エ 5.エ オ

ふーん、今日は今年の令和3年23問を取り上げるんですね。

スク東先生:そうです。

なるほど、今回も以前のスク東の勉強会で取り上げた題材ですね。

スク東先生:はい、引き続き勉強会で取り上げた問題を題材に復習も兼ねて、議論できればと思います。

ふーん、今度、勉強会ありましたね。

スク東先生:そうなんですよ。8月29日(日)16:00~17:30で、今年の民法を検討します。詳細はこちら、ぜひ、興味がある方はいらしてください。

わかりました。

スク東先生:はい、早速、やっていこうと思ったのですが、本日はとりあえず、予告だけにしておきます。次回から肢アを一緒に考えていきましょう。それでは、今日も時間となりましたので終わりします。
この続きは、また明日お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中