刑事訴訟法・令和3年第19問肢エを考えてみよう 

【前回のあらすじ】

刑法の令和3年第19問肢エの検討を始めていきます。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

まあまあですかね。

スク東先生:そうですか。とにかく、体調には気を付けていきましょう。

では、早速、予備試験令和3年第19問肢「エ.検察審査会が,検察官の公訴を提起しない処分の当否に関し,起訴を相当とする議決をしたときは,検察官は,当該議決に従って公訴を提起しなければならない。」を検討してきます。

まず、結論はどうでしょうか。

これは、誤っています。

スク東先生:なんででしょう。

どうやら条文があるようです。

スク東先生:なるほど、確認してみましょう。

検察審査会法
第41条 検察審査会が第39条の5第1項第1号の議決をした場合において、前条の議決書の謄本の送付があつたときは、検察官は、速やかに、当該議決を参考にして、公訴を提起すべきか否かを検討した上、当該議決に係る事件について公訴を提起し、又はこれを提起しない処分をしなければならない。

検察審査会法
第39条の5 検察審査会は、検察官の公訴を提起しない処分の当否に関し、次の各号に掲げる場合には、当該各号に定める議決をするものとする。
一 起訴を相当と認めるとき 起訴を相当とする議決
二 (略)
三 (略)

スク東先生:確かに、検察審査会法41条によれば、検討したうえで、提起しない処分をすることも認めてます。

はい、だからこの肢は誤りですが、どうせ、こんなことまで抑えられないっていうんでしょう。

スク東先生:よくわかりましたね。まあ、仮にこの機会に抑えるとしても、なぜかを考えとかないと結局できないことになります。どう整理していきましょう。

確か、起訴を提起するのは検察官の裁量が大きかったように思います。

スク東先生:いいですね。どうして、そんなこと知っているんですか。

いやぁ、ちょっと前にやりました。詳細は刑事訴訟法・令和3年第19問肢イを考えてみよう その2

スク東先生:そうですね。復習できてます。検察官の裁量が大きいので、起訴しないという選択もできるわけです。実際、検察官審査会は、国民で組織されております(検察審査会法4条)。

第4条 検察審査会は、当該検察審査会の管轄区域内の衆議院議員の選挙権を有する者の中からくじで選定した11人の検察審査員を以てこれを組織する。

ふーん、確かにそうですが、いきなり出てきた感があります。解答となんの関係があるんですか。

スク東先生:いやぁ、起訴相当とした結論が、間違っている可能性もあるんですよね。その場の時流によって、判断をすることもありえちゃう。もともと、専門的な判断ものなので。

なるほど、だから、あくまでも検察官に判断されるということなんですね。わかりました。

スク東先生:実際、犯罪事実の有無は、多数決で決まるものではありませんね。この機会に整理しておきましょう。それでは、今日はここまでにします。
この続きは、また、来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中