刑事訴訟法・令和3年第19問肢アを考えてみよう その1

【前回のあらすじ】

刑法の令和3年第19問肢アの検討を始めていきます。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

まあまあですかね。

スク東先生:そうですか。とにかく、体調には気を付けていきましょう。

では、早速、予備試験令和3年第19問肢「ア.司法警察員は,犯罪の捜査をしたときは,例外なく,速やかに書類及び証拠物とともに事件を検察官に送致しなければならない。」を検討してきます。

まず、結論はどうでしょうか。

これは、誤っています。

スク東先生:そうですね。なんでしょう。

えっと、条文があるようです。(246条但書)

刑事訴訟法第246条
司法警察員は、犯罪の捜査をしたときは、この法律に特別の定のある場合を除いては、速やかに書類及び証拠物とともに事件を検察官に送致しなければならない。但し、検察官が指定した事件については、この限りでない。

スク東先生:なるほど、確かに条文があります。したがって、「例外なく」という部分が誤りと。

そういうことです。あれ、何か違和感が・・・。

スク東先生:そうですね。あってはいるんですが、本番、条文確認できませんからね。

もちろん、そうです。準備の段階で、条文を押さえるにせよ何かしら整理することが必要ですね。

スク東先生:はい、こうなってますでわかれば、苦労はありません。工夫が必要になります。どう押さえていきましょう。

やっぱり、「なぜ」ということを考察することでしょうか。

スク東先生:いいですね、「なぜ」を考えるのは、とても大事です。一般に法律は、社会のルールですので、実際に運用がされます。さすがに、現実が混乱するルールはまずいでしょう。

なるほど、そう考えると、一見細かそうなことでも理由が必ずあるはずだと。

スク東先生:そうそう。「運用される側の目線」になって論理を詰めていく。そうすると、細かいことが分からなくても、正解がなんとか推定できるんですよ。

そうか、それだと条文がわからくても解答ができるんですね。

スク東先生:そうなんですが、勘違いしないでほしいのは、条文を知らなくていいわけではないです。もちろん、条文を知っていることが望ましいです。ただ、事前に考えないと、それも難しいですよということです。

うーん、条文の数、多いですものね。まあ、考えることの重要性はわかったのですが、実際どうすればいいでしょう。

スク東先生:なるほど、当然、そこは気になるところです。ということで、肢ア使って早速、詰めていこうと思うのですが・・・。

わかりました、ちょっと私の方でも考えてほしいということですね。

スク東先生:そうですね。少しでも「なぜ」を意識していくのが大事です。そのためには、まずやろうとすることが重要ですからね。ということで、この続きは、またにしましょう。

なるほど、わかりました。ただ、やるにしても、なにか方向性というか考える指針(ヒント)みたいのが欲しいです。

スク東先生:なるほど、いきなりやれって言っても不安ですからね。その気持ちはよくわかります。
ただ、よーく見ると一連の流れの中で、ヒントがあるようです。もう一度思い出してみて整理していってください。それでは、今日の検討はここまでとします。この続きは、また、来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中