刑事訴訟法・令和2年第26問肢ウを考えてみよう

【前回のあらすじ】

刑法の令和2年第26問肢イの検討をしました。次は肢ウです。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

ボチボチですね。コツコツ頑張らないと。

スク東先生:そうですね。なんだかんだで継続するしかないですからね。

では、早速、検討いきましょう。今日は前回の続きで、肢ウです。

〔予備試験令和2年26問〕
次のIないしⅢの【見解】は、「Yに対する保護責任者遺棄致死罪で起訴された甲の公判において,証拠調べの結果,甲がYを遺棄した当時,Yが生きていたか死亡していたかが判明せず,甲に保護責任者遺棄致死罪と死体遺棄罪のどちらかが成立することは疑いないが,どちらであるかは確定できなかった場合に,裁判所は,どのような判決を言い渡すべきか。」という問題に関する考え方を述べたものである。【見解】に関する後記アからオまでの【記述】のうち,誤っているものは幾つあるか。後記,1から6までのうちから選びなさい。
【見解】
Ⅰ,無罪判決を言い渡すべきである。
Ⅱ,保護責任者遺棄致死罪又は死体遺棄罪のいずれかの事実が認定できるという択一的認定をして,有罪判決を言い渡すべきであるが,量刑は,軽い死体遺棄罪の刑によるべきである。
Ⅲ,軽い死体遺棄罪の事実を認定して,有罪判決を言い渡すべきである。
【記述】
ア~イ (略)
ウ, Ⅱの見解は,保護責任者遺棄致死罪又は死体遺棄罪のいずれかであることは疑いがない以上,軽い罪の刑で処罰するのであれば,「疑わしきは被告人の利益に」の原則に反しないとする。
エ~オ (略)

これは、正しいですね。

スク東先生:そうですね。どうでしょうか。

えっと、「保護責任者遺棄致死罪又は死体遺棄罪のいずれかの事実が認定できるという択一的認定をして,有罪判決を言い渡すべきであるが,量刑は,軽い死体遺棄罪の刑によるべき」ということで、分からないのであれば、その踏まえて認定する。さらに、軽ければ、被告人も困らないということでしょうね。

スク東先生:その通り。これは、問題文をしっかり読んで判断すれば大丈夫ですね。

はい、キチンと集中して読めれば大丈夫だと思いました。

スク東先生:はい、いいですね。今日は、随分あっさりしてしまいましたが、無理に長くしてもしかたないですからね。淡々と続けていきましょう。それでは、この続きは、また、来週、お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中