刑事訴訟法・令和2年第26問を考えてみよう

【前回のあらすじ】

刑法の令和2年第15問を検討しました。次は、何をやるのでしょうか。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

まあ、普通ですね。

スク東先生:なるほど、そうですか。
では、今日は、予備令和2年26問を検討しましょう。

〔予備試験令和2年26問〕
次のIないしⅢの【見解】は、「Yに対する保護責任者遺棄致死罪で起訴された甲の公判において,証拠調べの結果,甲がYを遺棄した当時,Yが生きていたか死亡していたかが判明せず,甲に保護責任者遺棄致死罪と死体遺棄罪のどちらかが成立することは疑いないが,どちらであるかは確定できなかった場合に,裁判所は,どのような判決を言い渡すべきか。」という問題に関する考え方を述べたものである。【見解】に関する後記アからオまでの【記述】のうち,誤っているものは幾つあるか。後記,1から6までのうちから選びなさい。
【見解】
Ⅰ,無罪判決を言い渡すべきである。
Ⅱ,保護責任者遺棄致死罪又は死体遺棄罪のいずれかの事実が認定できるという択一的認定をして,有罪判決を言い渡すべきであるが,量刑は,軽い死体遺棄罪の刑によるべきである。
Ⅲ,軽い死体遺棄罪の事実を認定して,有罪判決を言い渡すべきである。
【記述】
ア, Ⅰの見解に対しては,国民の法感情に反するという批判がある。
イ, Ⅰの見解に対しては,刑事訴訟において重要なのは,特定の犯罪に当たる事実の証明がされたかどうかであるとの批判がある。
ウ, Ⅱの見解は,保護責任者遺棄致死罪又は死体遺棄罪のいずれかであることは疑いがない以上,軽い罪の刑で処罰するのであれば,「疑わしきは被告人の利益に」の原則に反しないとする。
エ, Ⅱの見解に対しては,合成的な構成要件を設定して処罰することになり,罪刑法定主義に反するという批判がある。
オ, Ⅲの見解は,保護責任者遺棄致死罪又は死体遺棄罪のどちらかが成立することは疑いがない状況で,重い保護責任者遺棄致死罪の事実が認定できないのであれば,死体遺棄罪が疑いなく証明されたとするべきであるとする。

1, 0個 2,1個 3,2個 4,3個 5,4個 6,5個

ふーん、前回に引き続き、刑訴の問題ですね。

スク東先生:そうですね。見解から検討する形の問題ですが、やってみようと思いまして。

なんか、この形式、苦手だなぁ。

スク東先生:わかります。事前の準備が難しいので、いやなイメージをありますよね。
ただ、それは、みんな同じだともいえます。
こういう形式の問題は、とにかく落ちついて考えることが必要です。

なるほど、ただ、この問題は、本試験で最後の問題ですよね。時間がないところで、そんな落ち着けるかな。

スク東先生:確かに、現実的には、そういう問題もあります。ただ、今回は、論理的に考えることをしっかりやろうと思います。

わかりました。まあ、準備の段階でできないことを、本番でやるのは期待できないですからね。

スク東先生:そういうこと。まずは、考えて正解を出す。その上で、時間短縮を図っていけばよいでしょう。ということで、早速、やっていこうと思ったのですが・・・。

なるほど、いきなりやっても、消化不良になりがちなのでよく整理しておけっていこうことですね。

スク東先生:まあ、そうですね。いろいろ、前置きもしましたからね。ということで、今日はこの辺りで終わりにしたいと思います。この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中