刑事訴訟法・令和2年第15問肢エを考えてみよう その2

【前回のあらすじ】

刑事訴訟法の令和2年第15問肢エを検討することになりました。
判例の結論を事前に押さえていればよいのですが、しっかり整理してみようという話になりました。

それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは!!

笑顔スク東先生、こんちには。

スク東先生:おお、元気いいですね。それじゃ、早速、前回のつづきやってきましょう。問題はこちらです。

〔予備試験令和2年15問〕
GPS捜査(車両に使用者らの承諾なく秘かにGPS端末を取り付け,情報機器でその位置情報を検索し,画面表示を読み取って当該車両の所在と移動状況を把握する刑事手続上の捜査)に関する次のアからオまでの各記述のうち,正しいものは幾つあるか。後記1から6までのうちから選びなさい。ただし,判例がある場合には,それに照らして考えるものとする。

エ.GPS捜査は,その実施に当たり,被疑事実と関係のない使用者の行動の過剰な把握を抑制する必要があるが,刑事訴訟法上,検証は10日を超えて実施できないとの規定があるため,検証許可状を取得すればこれを行うことができる。

(エ以外の肢・省略)

主張はい、前回は判例が検証許可状ではできないということを知っていれば正解ができるという話でした。ただ、わからないときに、どうするかということでしたね。

スク東先生:そうでした。それで、整理できましたか。

笑顔そうですね。検証の定義をまず考えるべきだと思いました。

スク東先生:おお、いいですね。なぜ、そう思ったんですか。

焦るいや、「検証許可状」でできることって、「検証」じゃないですか。ですので、「検証」が何かが分かってないとダメかなと感じたからです。

スク東先生:そうです。今日は、やけに論理的ですね。

疑問ありがとうございます。それで、「検証」ってなんでしたっけ?

スク東先生:えっ、途中までよかったのに、そこ抜けます?

やる気すみません。確か、場所・物・人の身体について、「五官の作用」により、その存在・内容・形状・性質等を認識することです。

スク東先生:いいですね。やはり、定義は足掛かりにしたいです。ポイントは「五官の作用」をつかうことですね。そうすると、GPSは、どうでしょう。

強気そうですね。人の五官の作用以上に、機械的にいろんなことが分かってしまうように思います。

スク東先生:いいですね。ですので、検証そのものとは、違うので「検証許可状」ではできないという方向性になります。

笑顔はい、判例も、車両の所在と移動状況を把握する点では、検証と同様の性質があるが、「検索」まで含む点で違う点を指摘してます。

スク東先生:はい、もちろん細かく言えば、そうです。ただ、すべて知っておくのは難しいように思います。したがって、定義から食らいついていく感じで判断しましょう。

涙目わかりました。

スク東先生:これで、この肢は終わりですが、最後に一言。考えることは大事とよく話をするのですが、これを、やみくもにされる人がいます。それは、ちょっとまずいように感じます。

やる気ふーん、押さえる部分(知識)と考える部分(論理)をわけるということですね。

スク東先生:そうですね。前提は、「知識」として押さえる。その上で、考える。
こことはき違えると、あさっての方向いくので、注意しましょう。それでは、改めて今日も時間となりましたの終わりします。この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中