刑事訴訟法・令和2年第15問肢エを考えてみよう その1

【前回のあらすじ】

刑事訴訟法の令和2年第15問肢ウが終了したので、肢エを検討することになりました。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

e38194e6a99fe5ab8c-1なんとかやってます。

スク東先生:そうですか、試験が近いので体調管理には気をつけたいですね。早速、前回の続きいってみましょう。問題はこちら。

〔予備試験令和2年15問〕
GPS捜査(車両に使用者らの承諾なく秘かにGPS端末を取り付け,情報機器でその位置情報を検索し,画面表示を読み取って当該車両の所在と移動状況を把握する刑事手続上の捜査)に関する次のアからオまでの各記述のうち,正しいものは幾つあるか。後記1から6までのうちから選びなさい。ただし,判例がある場合には,それに照らして考えるものとする。

エ.GPS捜査は,その実施に当たり,被疑事実と関係のない使用者の行動の過剰な把握を抑制する必要があるが,刑事訴訟法上,検証は10日を超えて実施できないとの規定があるため,検証許可状を取得すればこれを行うことができる。

(エ以外の肢・省略)

どうでしょう。

焦る誤ってます。

スク東先生:そうですね、結論は大丈夫です。どう考えていきましょうか?

涙目うーん

スク東先生:いや、わかります。いきなり、聞かれてもよくわからないですようね。ただ、結論を指摘すると、判例は検証許可状ではできないということを指摘してます。

焦るはい、最悪そこだけ押さえていれば、肢の正誤の判断はできますね。

スク東先生:そうですね。実際、この判例は、大法廷判決で重要性も高そうなので、そこは押さえてほしいというなんでしょう。しかし、今回はわからないときに、どうするかということを考えたいみたいです。

強気なるほど、現場で理想論を言っても、仕方ないですからね。

スク東先生:そうなんですよ。準備の段階で、分からないときの対処を考えてみたいところです。何をヒントにしていけばいいでしょう。

疑問どうだろう。ちょっと、考えてみていいですか?

スク東先生:なるほど、いいですよ。どんどん進めても記憶に残らないと意味ないですかね。しっかり、整理してもらいたいと思います。
ただ、あまり難しいことは考えないでくださいね。

主張限られた時間の中で、多くのことはできないからですね。

スク東先生:そういうことです。現場を意識して練習の段階で準備するようにしましょう。それでは、今日はこのあたりで終わりします。この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中