刑事訴訟法・令和2年第15問肢アを考えてみよう

【前回のあらすじ】

刑事訴訟法の令和2年第15問を検討することになりました。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

東花子さん

まあまあですね。

スク東先生:なるほど、そうですか。早速、前回の続きいってみましょう。問題はこちら。

〔予備試験令和2年15問〕
GPS捜査(車両に使用者らの承諾なく秘かにGPS端末を取り付け,情報機器でその位置情報を検索し,画面表示を読み取って当該車両の所在と移動状況を把握する刑事手続上の捜査)に関する次のアからオまでの各記述のうち,正しいものは幾つあるか。後記1から6までのうちから選びなさい。ただし,判例がある場合には,それに照らして考えるものとする。
ア.GPS捜査は,個人のプライバシーの侵害を可能とする機器をその所持品に秘かに装着することによって行われるため,合理的に推認される個人の意思に反してその私的領域に侵入する捜査手法といえ,刑事訴訟法上,特別の根拠規定がなければ許容されない強制処分に当たる。
(イ以下省略)

どうでしょうか。

考えている

正しいですね。

スク東先生:そうですね、結論は大丈夫です。どう考えていきましょうか。

東花子さん

まず、強制処分の定義ですね。「個人の意思を制圧して、身体、住居、財産などに制約を加えて、強制的に捜査目的と実現する行為など、特別の規定がなければ許容することが相当でない手段」です。

スク東先生:なるほど、よく勉強されてます。ざっくり、個人の意思を制圧(反)する、あとは重要な権利に制約を加えて捜査目的を実現する行為としておけばいいでしょう。本件の場合は、どうでしょう。

東花子さん

密かに装着しているので個人の意思には影響を与えていないような気もします。

スク東先生:そうですね。ただ、GPSによって、取り付けられた者は移動情報がとられてしまいます。プライバシー権に関わる制約が大きそうです。

花子さん

なるほど、令状なしできると、人権侵害の危険がありそうです。

スク東先生:その通り、実際に肢にもありますが「個人のプライバシーの侵害を可能とする機器」といってます。そう考えると、令状なしでGPS捜査を行えないようにする必要がありそうです。

東花子さん

うーん。判例を(最大判平29.3.15)を勉強する際にも、なぜを考える必要があると思いました。

スク東先生:はい、判旨を読んですぐに押さえられれば苦労はありません。どうして、そう判断したのかを自分なりに組み立てることは、記憶に残すうえで大事ですね。

東花子さん

そこで、判例は肢の通り、合理的に推認される個人の意思に反するとして強制処分だとしてます。

スク東先生:わざわざ、意思のことを指摘しているのも強制処分と定義を受けてでしょう。定義の理解は大事です。

花子さん

はい、利益状況を踏まえた上で、定義を使って調整するのがポイントだと思いました。

スク東先生:いいですね。判例を読む際にも、ただ確認するのではなく、定義なども踏まえて勉強しましょう。そうすれば、この肢は正しいと判断できますね。
それでは、今日も時間となりましたので終わりします。この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中