刑法・令和2年第2問肢3を考えてみよう  その1

【前回のあらすじ】

刑法令和2年第2問肢2を検討しました。次は、肢3を考えていきましょう。

それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは、東さん。調子はどうです。

考えている

今日は、普段より調子いいかもしれません。

スク東先生:なるほど、そうですか。少し暖かくなってきましたからね。ただ、こういうときこそ、体調管理には気を付けたいですね。では、早速、前回の続きをやっていきましょう。問題はこちら。

〔司法試験令和2第2問・予備試験令和2年8問〕
3.株式会社の取締役経理部長甲は,同会社の株式の買い占めに対抗するための工作資金として自ら業務上保管していた会社の現金を第三者に交付した。この場合,甲が,会社の不利益を回避する意図を有していたとしても,当該現金の交付が会社にとって重大な経済的負担を伴うもので,甲が自己の弱みを隠す意図をも有していたなど,専ら会社のためにしたとは認められないときは,甲には,業務上横領罪が成立する。

(他の肢は省略)

スク東先生:これは、どうでしょう?

東花子さん

えっと、正しいですね。

スク東先生:なるほど、結論はあってます。どのあたりが、ポイントになるのでしょうか。

花子さん

そうですね。甲は,「会社の不利益を回避する意図」を有してます。ここが、ひっかかりですかね。

スク東先生:いいですね。問題文の事情をきちんと拾えてます。もし、この「会社の不利益を回避する意図」だった場合、どういう結論になりますか。

東花子さん

専ら、Aのためにあったとすれば、「委託信任関係に背いて所有者として振るまう行為」していないので、不法領得の意思が否定されると思います。

スク東先生:それで大丈夫でしょう。ただ、本件の場合は業務上横領罪を成立させてます。どこが問題になったのでしょうか。

東花子さん

はい、「当該現金の交付が会社にとって重大な経済的負担を伴うもので,甲が自己の弱みを隠す意図をも有していた」とあります。会社の損害が大きいことや、甲自身のためでもある点が、甲を処罰しないとまずい理由だと思います。

スク東先生:そうですね。これらの事情があれば、「専ら会社のためにしたとは認められない」となり不法領得の意思はあるという説明になります。

考えている

あと、加えると他の構成要件は、問題なく認められます。したがって、業務上横領罪が成立します。

スク東先生:いいでしょう。この肢は、問題文の事実をひろって、利益状況を押さえる。その上で、法を解釈して、結論の妥当性を図っていけば、大丈夫だと思います。

東花子さん

わかりました。ただ、今日は、あっさりでしたね。

スク東先生:たまには、こういうこともあります。要は、ポイントが確認わかればいいわけです。したがって、ある程度は柔軟にいきたいですね。それでは、本日はここまでといたします。この続きはまた来週、お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中