刑法・令和2年第2問肢2を考えてみよう その2

【前回のあらすじ】

刑法令和2年第2問肢2を検討してます。その際に状況をよく把握することが大事のようです。
一緒に整理していきましょう。

それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは、東さん。調子はどうですか。

考えている

並です。

スク東先生:なるほど、新たなパターンをいれてきましたね。では、前回の肢2の続きいきましょう。

〔司法試験令和2第2問・予備試験令和2年8問〕

横領の罪に関する次の1から5までの各記述を判例の立場に従って検討した場合,誤っているものを2個選びなさい。
2.甲は,乙と共に一定の目的で積み立てていた現金を1個の金庫の中に入れて共同保管していたところ,乙に無断でその現金全てを抜き取り,自己の遊興費に費消した。この場合,甲には,横領罪が成立する。

(他の肢は省略)

スク東先生:横領罪が成立しないことは指摘したのですが、利益状況を確認したいという話でしたね。整理されてきましたか。

東花子さん

そうですね、一応・・・。この場合、横領だと軽いように感じました。

スク東先生:なるほど、条文を見てみましょう。

(横領)
第252条 自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。
2 (略)

(窃盗)
第235条
他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

スク東先生:確かに横領罪は、窃盗に比べると法定刑が低いです。

花子さん

はい、そして「共同管理」とはいえ、わざわざ金庫の中で管理しているわけです。そうすると、単純に少しでも被害者を保護する必要があるんじゃかいかと。

スク東先生:いいですね、被害者を意識する感覚は大事です。ただ、だから重い犯罪というのも自由保障から見て問題です。そこで、つじつまをどう合わせるかを考えるわけですね。

東花子さん

そうですね。結局、金庫の中の乙がおいた現金には、乙の占有が及んでいるということになります。そして、厳重に管理しているので第三者には触らせない意思があると思いました。

スク東先生:大丈夫でしょう。ですので、甲の行為は窃盗罪となります。少しわかりずらくなりましたが、中身に対して窃盗罪が成立するのは、現金の入った封筒の第三者に預けたケースと方向性をあわせるといいでしょう。

東花子さん

なるほど、封筒の中身をとったら窃盗罪という事例ありましたね。

スク東先生:似たような事案を思い出して比較する方法も、解答をだす方法として使えるでしょう。それでは、検討も無事終わりましたので、今日はこれで終わりにします。この続きはまた、来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中