刑法・令和2年第1問を考えてみよう その2

【前回のあらすじ】

刑法令和2年第1問を検討することになりました。本日は肢1です。
それでは、はじまりはじまり。

スク東先生:こんにちは。調子はどうですか。

東花子さん

まあ、普通です。先生、今日はクリスマスですね。

スク東先生:そうですね。ちなみにクリスマスって、どんな日かご存知です?

考えている

えっ、イエス・キリストの誕生日でしょうか?。

スク東先生:うーん、なるほど。私も最近までそう思っていたのですが、どうやら違うみたいです。キリストの生誕を祝う日のようですよ。詳細はこちら

花子さん

へぇ、初めて知りました。

スク東先生:よかったです。まあ、なんとなくあることも、疑問に思うと意外な発見がありますね。
さっそく、本日の問題を検討していきましょう。

それでは、前回の続きです。

〔司法試験令和2第1問・予備試験令和2年11問〕
次の1から5までの各記述を判例の立場に従って検討した場合,正しいものはどれか。
1.甲は,Xに対し,暴行や脅迫を用いて,自殺するように執拗に要求し,要求に応じて崖から海に飛び込んで自殺するしかないとの精神状態に陥らせた上で,Xを崖から海に飛び込ませて死亡させた。この場合,甲に,Xに対する殺人罪は成立しない。

(肢2以下は省略)

スク東先生:正解はどうでしょうか

東花子さん

そうですね。誤っています。殺人罪が成立するので。

スク東先生:なるほど、結論はあってます。どこが、本問のポイントでしょうか。

花子さん

えっと、甲は自殺を促しているので、自殺教唆罪(202条)ということでしょうか。

スク東先生:いいですね。条文もあげておきましょう。

(殺人)
第199条
人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。

(自殺関与及び同意殺人)
第202条
人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、又は人をその嘱託を受け若しくはその承諾を得て殺した者は、6月以上7年以下の懲役又は禁錮に処する。

スク東先生:確かに、改めてですが自殺関与罪とだと、殺人罪より刑が軽くなるので、甲にとって有利ですね。

考えている

はい、ですので自殺関与罪と主張することは甲に意味があるわけです。ただ・・・。

スク東先生:おや、どうされました?

東花子さん

えっと、やっぱりこの状況を踏まえると、甲はXに対して「自殺を執拗に要求し,要求に応じて崖から海に飛び込んで自殺するしかないとの精神状態に陥らせて」おります。したがって、罪状から見ても、自殺関与だと刑が軽すぎるように思います。

スク東先生:なるほど、いいですね。法益保護を図るためにも、甲には殺人罪が成立するとしたいところです。では、このことを、どう説明しましょう。

花子さん

結局、被害者自身が反対意識の形成が難しい状態です。したがって、いわゆる道具といえそうです。ですので、甲は殺人の(間接)正犯だと説明できるように思いました。

スク東先生:そうですね。自殺関与罪とするには、被害者自身が、自由な意思にもどいて自殺をすることが必要でしょう。
それがあって、初めて構成要件レベルで、刑を軽くできるはずです。

東花子さん

確かに、無理やりだと、違法性も責任も類型に減少する合理性がないです。

スク東先生:その通り!!そんな感じで、整理しまょう。よかった、端的にポイント確認することができました。単に正解を出すのではなく、論理的に正解を導きたいですね。それでは、今日も時間となりましたのでこの辺りで終わりにします。
この続きはまた、来年お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中