刑法・細かい知識も考えて理解しよう(逃走罪を例にして)その1

【前回のあらすじ】

刑法の論点を考えました。条文から出すのが基本ということを確認しました。
今回は,別の問題を検討するようですよ。

では、はじまり、はじまり。

スク東先生:こんにちは、東さん。調子はどうですか。

東花子さん

普通です。

スク東先生:なるほど、隙がないですね。まあ、今日は、司法30-14を使って,「逃走の罪」について検討します。

東花子さん

え・・・、マイナー!!あまり勉強してないなぁ。

スク東先生:あらら、びっくりしました!?さっきまで、冷静だったのに、動揺しましね。

東花子さん

すいません。

スク東先生:いやいや、別に謝らなくていいですよ。自然体でいきましょう、自然体で。まあ、今回は、細かいところについて、問題を通して検討してきたいと思います。

問題はこちら。

〔平成30年 第14問〕(配点:2)
逃走の罪に関する次の1から5までの各記述を判例の立場に従って検討した場合,正しいものはどれか。
1.拘置所に未決勾留中の甲は,逃走しようと考え,房内の換気孔周辺の壁を削って損壊したものの,脱出可能な穴を開けられなかった。甲に加重逃走罪の未遂罪が成立する余地はない。
2.確定判決によってA刑務所に収容されていた甲は,B刑務所への護送中,刑務官の隙を見て護送車から脱出し,刑務官の追跡を完全に振り切って民家の庭に隠れたが,しばらくして,付近の捜索を継続していた刑務官に発見されて護送車に連れ戻された。甲に逃走罪の既遂罪が成立する余地はない。
3.刑務官である甲は,勤務先の拘置所に未決勾留中で,自らが看守していた被告人乙を逃走させようと考え,乙の房の扉を解錠し,乙を同拘置所から逃走させた。甲に看守者逃走援助罪が成立する余地はない。
4.確定判決によって刑務所に収容されていた甲は,その看守に当たっていた刑務官に対する単なる反抗として同刑務官を押し倒したところ,同刑務官が気絶したため,その隙に逃走しようと思い立ち,同刑務所から逃走した。甲に加重逃走罪が成立する余地はない。
5.甲は,逮捕状により警察官に逮捕された乙の身柄を奪い返そうと考え,路上において,乙を連行中の同警察官に対し,体当たりをする暴行を加え,同警察官がひるんだ隙に,同所から乙を連れ去った。甲に被拘禁者奪取罪が成立する余地はない。

スク東先生:ちなみに、正解はなんでしょう。

考えている

肢4です。

スク東先生:なるほど、まあそれはそうですが・・・。

東花子さん

はい、しっかり理解しないと時間がたった時、再現できないですね。

スク東先生:その通り!!ポイントを押さえております。では、これからしっかり、確認したいのですが・・・。

東花子さん

あれ、どうかされました?

スク東先生:いやぁ、まあ準備もなく検討、始めるのもあれなんでね。

考えている

なるほど、少し、考えてほしいってわけですね。

スク東先生:そういうこと。細かいことこそ、考えとかないと結局、身につかないですからね。その訓練だと思ってください。それでは、今日は、この辺りで終わりにしましょう。この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中