刑法・条文から論点を考えよう(偽証罪を例にして)その5

【前回のあらすじ】

偽証罪の問題(予備平成26年第2問)の肢エを検討しました。
本日は肢オを検討していきますよ。

では、はじまり、はじまり。

スク東先生:こんにちは、東さん。調子はどうですか。

花子さん

結構、最近いいんですよ。

スク東先生:ふーん、そうなんだ。じゃあ、それで頑張っていきましょう。早速、前回の続きで肢オです。問題文も忘れないように確認しておきます。

(予備26-2)
偽証の罪に関する次の各【見解】についての後記アからオまでの各【記述】を検討した場合,誤っているものの組合せは,後記1から5までのうちどれか。
【見 解】
A説:「虚偽の陳述」とは,その内容が証人の主観的な記憶に反する陳述をいう。
B説:「虚偽の陳述」とは,その内容が客観的な事実に反する陳述をいう。
【記 述】
ア.A説は,証人が主観的な記憶に反する陳述をすること自体に司法作用を侵害する抽象的な危険が認められることを根拠としていると理解することができる。
イ.B説に対しては,結局のところ宣誓義務に違反したことを処罰するものであるという批判が可能である。
ウ.B説に対しては,証人が記憶に反する事実を客観的な真実に合致していると考えて陳述しさえすれば偽証罪が成立しないことになってしまうという批判が可能である。
エ.証人が,甲がVを包丁で刺した事件現場におらず,甲がVを包丁で刺すところを見ていないのに,客観的な真実は甲がVを包丁で刺したのだと考えて「私は,事件現場にいて,甲がVを包丁で刺したのを見た。」と陳述した場合,真実甲がVを包丁で刺したものであったとしても,「虚偽の陳述」に当たるかどうかを,事件全体との関係ではなく,個々の陳述との関係で判断するとすれば,B説からも偽証罪が成立する。
オ.証人が,Vを包丁で刺した犯人を見て,そのときは犯人が甲に見えたが,その後記憶が曖昧になり,逆に報道などを見て「真実はVを刺したのは甲ではない。」と考えるに至り,「Vを包丁で刺した犯人が甲でないことは間違いない。」と陳述した場合,真実Vを包丁で刺したのが甲であれば,いずれの説からも偽証罪が成立する。
1.ア エ 2.ア オ 3.イ ウ 4.イ オ 5.ウ エ

それで、結論はどうでしょう?

東花子さん

誤っています。

スク東先生:そうですね。どう考えていきましょう。

考えている

うーん、A説からは、結論が難しいように思いますが、B説から見ると偽証罪不成立でしょうね。

スク東先生:なるほど、わかりやすい方を先に解答することは大事です。どうしてでしょう。

花子さん

結局、「真実はVを刺したのは甲ではない。」と考えるに至って、「Vを包丁で刺した犯人が甲でないことは間違いない。」といっており、故意がないですね。

スク東先生:そうそう、B説は、客観と主観を普通の構成要件のように両方考える説なのは、以前確認しました。詳細はこちら

東花子さん

はい、だから偽証罪が成立しない。よって、誤りになります。

スク東先生:正誤の判断は、それで大丈夫です。やはり、見解の理解がとても大事です。ただ、A説もしっかり検討してみましょう、どうでしょう。

東花子さん

そうですね。逆に報道などを見て「真実はVを刺したのは甲ではない。」と考えるに至り,その記憶にしたがって、証言しているので偽証罪が成立しないと思いました。

スク東先生:なるほど、そうですね。記憶通り証言してますからね。ただ、報道を信れば許されるというも、どうかなぁという疑問が出ます。記憶が曖昧なら、曖昧だと証言するべきようにも感じるのですが・・・。

考えている

なるほど、ただ、それで偽証罪となると、今度は証言しづらくなるように思います。

スク東先生:いいですね。いろんな人が証人になるはずです。刑罰が成立しすぎるのも、いきすぎです。ですので、この場合は、記憶通りの証言と考えれば、いいでしょう。

花子さん

そう思いました。でも、このような証言が、当然にまかり通るのも問題な気がするのですが・・・。

スク東先生:そうですね。だから、反対尋問で証言をチェックするわけです。

東花子さん

なるほど、よくわかりました。

スク東先生:まあ、この肢は若干、難しいですね。こういうときは、繰り返しになりますが、分かりやすいところから切り取るとよいでしょう。では、今日は、これで終わりしましょう。続きは、また来週、お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中