刑法・条文から論点を考えよう(偽証罪を例にして)その3

【前回のあらすじ】

偽証罪の問題を検討することになりました。
検討の前に、見解の意味を確認しました。
A(主観説)、B(客観説)の意味をしっかり確認しました。
これをもとに、実際の問題を解いてみましょう。

では、はじまり、はじまり。

スク東先生:こんにちは、東さん。調子はどうですか。

東花子さん

なんとか、やってます。

スク東先生:ふーん、そうですか。寒暖差もでてきたので、体調には気をつけたいですね。早速、はじめていきましょう。問題を載せます。この問題は、予備試験26年の第2問です。

(予備26-2)
偽証の罪に関する次の各【見解】についての後記アからオまでの各【記述】を検討した場合,誤っているものの組合せは,後記1から5までのうちどれか。
【見 解】
A説:「虚偽の陳述」とは,その内容が証人の主観的な記憶に反する陳述をいう。
B説:「虚偽の陳述」とは,その内容が客観的な事実に反する陳述をいう。
【記 述】
ア.A説は,証人が主観的な記憶に反する陳述をすること自体に司法作用を侵害する抽象的な危険が認められることを根拠としていると理解することができる。
イ.B説に対しては,結局のところ宣誓義務に違反したことを処罰するものであるという批判が可能である。
ウ.B説に対しては,証人が記憶に反する事実を客観的な真実に合致していると考えて陳述しさえすれば偽証罪が成立しないことになってしまうという批判が可能である。
エ.証人が,甲がVを包丁で刺した事件現場におらず,甲がVを包丁で刺すところを見ていないのに,客観的な真実は甲がVを包丁で刺したのだと考えて「私は,事件現場にいて,甲がVを包丁で刺したのを見た。」と陳述した場合,真実甲がVを包丁で刺したものであったとしても,「虚偽の陳述」に当たるかどうかを,事件全体との関係ではなく,個々の陳述との関係で判断するとすれば,B説からも偽証罪が成立する。
オ.証人が,Vを包丁で刺した犯人を見て,そのときは犯人が甲に見えたが,その後記憶が曖昧になり,逆に報道などを見て「真実はVを刺したのは甲ではない。」と考えるに至り,「Vを包丁で刺した犯人が甲でないことは間違いない。」と陳述した場合,真実Vを包丁で刺したのが甲であれば,いずれの説からも偽証罪が成立する。
1.ア エ 2.ア オ 3.イ ウ 4.イ オ 5.ウ エ

早速、肢アから検討してきましょう。この結論は、どうでしょう?

東花子さん

正しいですね。

スク東先生:なるほど、どうしてでしょう。

花子さん

A説は,自己の記憶に反することに偽証罪を認める説です。肢アは「証人が主観的な記憶に反する陳述をすること自体」に抽象的危険を認めるといっているので、まさに主観の記憶に対応します。

スク東先生:はい、この肢は、国語的な要素も強いですね。冷静に文章が読めば、判断できそうです。元気よく次、肢イもいってみますか。どうでしょう。

東花子さん

誤っています。だって、B説の場合、客観的に真実であれば、宣誓義務に違反した場合でも処罰されないことになりますからね。

スク東先生:その通り!したがって、肢イにある処罰するという批判は、あたらないわけです。前回確認した客観説(客観・主観を考量する説)の意味が理解できていれば、この辺りも大丈夫そうですね。(詳細は、こちら

東花子さん

はい、ありがとうございます。

スク東先生:よし、次の肢ウもやっちゃいます!!どうでしょう?

花子さん

正しいです。まさしく、B説(客観・主観を考慮する説)は、信じていれば故意がないので、偽証罪が成立しないとなります。これも、前回の整理で確認しました。

スク東先生:いいですね。どうですか?やはり、見解をしっかり理解すると肢も早く解けますでしょ。

考えている

はい。ただ、出題の目的を考えると当然のような気もします。

スク東先生:そうなんですよ。このように、問題を作った側に立って考えれると、のちに使える知識になっていきますね。ぜひ、こういう意識で問題に取り組んでいきましょう。では、次!!

東花子さん

先生!!この先は、ちょっと整理したいので、時間が欲しいのですが・・・。

スク東先生:なるほど、わかりました。確かに、次のエ、オは、問題文も少し長いので、別に時間を取った方がいいですね。そうしましょう。それでは、次の検討までにしっかり考えておいてくださいね。

花子さん

はい、わかりました。

スク東先生:いい返事です。ぜひ、頑張ってください。それでは、今日はこれで終わりします。この続きはまた、来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中