刑法・条文から論点を考えよう(名誉毀損罪を例にして)

【前回のあらすじ】

刑法の論点を前回は考えました。争点をだすために、論点が大事。
そして、条文から論点を意識することが基本だという話をしました。
今日は、具体例を入れて説明しますよ。

では、はじまり、はじまり。

スク東先生:こんにちは、東さん。調子はどうですか。

東花子さん

普通ですね。

スク東先生:ふーん、まあ、何事もないのが一番ですかね。じゃあ、早速、前回の続きで条文から論点を出すことを少しやってみましょう。

考えている

よろしくお願いします。

スク東先生:では、この条文で確認やっていきましょう。

(名誉毀損)
第230条
1.公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。
2.(略)

東花子さん

なるほど、名誉毀損罪ですね。

スク東先生:そうですね。では、この条文にある「人の名誉」の「人」に法人は含まれますか。

東花子さん

そうですね。含まれるようです(大判大15.3.24、最決昭58.11.1)

スク東先生:はい、あってますね。それでは、どのあたりがポイントなりますか。

東花子さん

条文の文言ですね。普通「人」っていったら自然人を指すと思います。今回は、比較的、分かりやすいですね。

スク東先生:よかったです。いきなり難しいことやると大変なのですからね。ただ、細かな内容ではなく論理の筋を追っていきましょう。この基本パターンは結構使えますよ。
では、なぜ230条1項の「人」は、自然人ではないのでしょう。

花子さん

えっと、法人が人に当たらないとすると、単純に法人の名誉毀損行為を刑法上、処罰できなくなるからです。

スク東先生:そうですね。確かに法人は、個人よりは強そうです。ただ、それでも名誉が害されるとブランドイメージが壊れますね。

東花子さん

はい、そうなると影響が大きいので、刑罰を使って抑止する必要がありそうです。

スク東先生:いいですね、あとはどう説明すればいいですか。

考えている

230条1項の保護法益は外部的名誉です。そこで、法人も法が作った「人」といえるのでこれにあたるといえばいいと思います。

スク東先生:そうですね。説明の仕方は、いろいろあるでしょうが、大事なことは保護法益を出すことです。

東花子さん

はい、法益を守るために構成要件があるので、その流れにしたがって、拡大解釈します。

スク東先生:おおいいですね。刑法の文言解釈は、罪刑法定主義があるので、拡大解釈です。類推はできないので気を付けましょう。

東花子さん

なるほど、あくまでも、条文から、なんとか読もうと思ったら読める感じを出すのがポイントですね。

スク東先生:はい、条文の文言をすごく意識しているのが出せると、よい印象を読み手に与えられるでしょう。

考えている

ありがとうございます。何事も基本が大事ですね。

スク東先生:そうですね。勉強しようと条文から離れて、知っていることを書いてしまう傾向になります。そうならないように、ぜひ気を付けましょう。

では、今日はこんなところで終わりします。それでは、この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中