刑法各論・法益の大枠から考える(22ー13を題材にして 第1回)

【前回のあらすじ】

前回までは手薄な罪数論を扱いました。
本日からは,刑法各論を少し検討していくようですよ。では,はじまり,はじまり。

スク東先生:こんにちは、東さん。調子はどうですか。

東花子さん

はい、バッチリです。

スク東先生:そうですか,それは何よりです。早速ですが,今日は,刑法各論のポイントを少しやっていきましょう。各論を考える上で,押さえたいポイントはわかりますか。

考えている

はい,保護法益だと思います。

スク東先生:いいですね。各論の構成要件は,保護法益を守るために存在します。したがって,目的を達成するために構成要件を解釈することが求められますからね。

東花子さん

そうですね。やみくもに,判例の定義を押さえられませんからね。

スク東先生:はい,ぜひ,その考え方を大事にしてくださいね。あと,もう一つ「保護法益」に絡んで押さえたいポイントがあるんですよ。なんだか,わかりますか。

東花子さん

ええっと,なんだろう?よく分かりません。

スク東先生:そうですね。ちょっと抽象的で漠然としてしまいました。そうしたら,問題を通して確認してきましょう。問題を載せますね。

例 平成22年 第13問
4、共同親権者の1人が、他の共同親権者の監護下にある未成年の子を略取する行為については、未成年者略取罪は成立し得ない。

この平成22年第13問肢4を通して,ポイントを確認していきたいと思います。
ちなみに正解は,わかりますか。

考えている

おそらく,未成年者略取罪は成立し得るので,間違っているんじゃないからなぁー。

スク東先生:なるほど,正解ですが,なんでかわかりますか?

東花子さん

えっと,確か判例(最決平17.12.6)にあったようなー。

スク東先生:・・・,ふーん。結論は,あっているんですが,なんだかなぁ。

考えている

なるほど,暗記っぽいっていうわけですね。

スク東先生:まあ,そうですね。そこを,保護法益から理論的に説明したいわけです。

東花子さん

そうですか,問題点はわかりました。ちょっと,考えたいので時間もらっていいですか。

スク東先生:わかりました。そうした方が,良さそうですね。この機会に整理しましょう。ヒントは,先ほどの保護法益がポイントになります。この辺りから考えてみましょう。それでは,今日はこれで終わりにします。

では、また来週お楽しみに!!

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中