刑法総論・牽連犯を考えよう(予備24ー8肢エを題材にして 第2回)

前回のあらすじ

予備24−8エ.自動車を盗み、これを売却した【牽連犯】を検討しました。結論をいいますと、売却した行為は、不可罰的事後行為となり窃盗とは牽連犯となりません。これがなぜかということを改めて確認することにあったのでした。

では、はじまり、はじまり。

スク東先生:こんにちは、東さん。調子はどうですか。

東花子さん

こんにちは。まあまあですかね。

スク東先生:なるほど、暑くなってきましたので、淡々とやれるそのくらいが丁度いいですかね。コツコツやっていきましょう。それで、前回の質問考えてきましたか。忘れないように問題文も載せておきますね。

予備24−8 次のアからエまでの各事例を判例の立場に従って検討し、成立する犯罪が【】内の罪数にある場合には1を、【】内の罪数にない場合には2を選びなさい。

エ.自動車を盗み、これを売却した【牽連犯】

東花子さん

うーん。たしか、本問で盗んだ行為と売約した行為は、手段と目的の関係があるように見えますが、なぜか牽連犯にならないというのが問でしたね。結局、よくわかりませんした。

スク東先生:なるほど、条文確認しましたか。

考えている

いえ、見てません。

スク東先生:うーん、いやー一応、条文くらいは確認しましょうよ。これ見て何かわかりませんか。

(一個の行為が二個以上の罪名に触れる場合等の処理)
第54条 1個の行為が2個以上の罪名に触れ、又は犯罪の手段若しくは結果である行為が他の罪名に触れるときは、その最も重い刑により処断する。
2 (略)

東花子さん

なるほど、牽連犯が成立すると「その最も重い刑により処断する」。つまり、科刑上一罪になりますね。

スク東先生:いいですね。そこがポイントです。そうすると科刑上一罪と評価できる場面での適用が想定されててそうです。

東花子さんたしかに。今、思ったんですが観念的競合も同じ条文です。

スク東先生:そうそう、いいところに気付きました。確かに、牽連犯は、成立する犯罪の間に、手段と目的の関係が必要なのですが、一連の流れの中でやられることが想定されますね。

考えている

なるほど、よくわかりました。確かに、牽連犯の典型である住居侵入罪と窃盗なんかは、両罪の場所、時間が接着しており一連の流れの中で行われているといえますね。

スク東先生:そうなんです。その当たりをイメージすると科刑上一罪もうなづけます。ただ、気をつけたいのは、時間と場所が接着していなくても、両罪の間に障害なければ一連の流れの中で行われていると評価できます。
通貨偽造罪と偽造通貨行使罪(148条1項・2項)なんかの例で想定するといいでしょう。

考えている

そうですね、通貨の偽造行為と行使行為の間に、障害は入りにくそうです。

スク東先生:はい、一連の流れを捉える上で、間の障害を意識するのは、重要なので押さえておきましょう。
そうすると、本問の窃盗行為と売却行為の間には多くの障害がありそうです。「そもそもいい売却相手が相手が見つない」「捕まるのを恐れて気持ちが変わって自分が使うなど」さまざまのことが、考えられそうですね。

東花子さん

なるほど、要するに本問の2つ行為は、一連の流れのものといえないわけですね。

スク東先生:そうそう、別となります。そうすると、少なくても科刑上一罪である牽連犯は成立しないとなります。

東花子さん

よくわかりました。でも、盗んだあとの売却を不可罰的事後行為とするのは、なぜでしょう。もし、事実が別であれば、窃盗罪と占有離脱物横領罪の併合罪のような気もするのですが・・・・。

スク東先生:そうですね。いい所に気が付きました。ただ、その疑問については次回に触れることにしましょう。

考えている

なるほど、わかりました。それまでに、考えておきます。

スク東先生:はい、そうしてください。いろいろ一気に説明しても消化不良をなってしまいますからね。それでは、今日も時間となりましたので、終わりします。この続きは、また来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中