刑法総論・牽連犯を考える(予備24ー8肢エを題材にして 第1回)

前回のあらすじ

前回から日頃、手薄になりがちな罪数論を検討しています。

では、はじまり、はじまり。

スク東先生:こんにちは、東さん。調子はどうですか。

考えている

はい。ボチボチです。

スク東先生:本試験まで、あと1か月ほどですね。とは言っても、特別なことは不要です。淡々と大枠から考えることをやる。それでいいです。

東さん:はい、ありがとうございます。

 

スク東先生:では、早速、問題の検討をしていきましょう。罪数論の続きです。予備の24−8のエを見てみましょう。

予備24−8 次のアからエまでの各事例を判例の立場に従って検討し、成立する犯罪が【】内の罪数にある場合には1を、【】内の罪数にない場合には2を選びなさい。

エ.自動車を盗み、これを売却した【牽連犯】

スク東先生:正しいですか。

東花子さん

間違いです。牽連犯とは、犯罪の手段もしくは結果である行為が他の罪名に触れる場合をいいます。(54条1項後段)今回の場合、自動車を盗んだ段階で、窃盗罪が成立してます。そして、犯人がその盗んだ車を売却したのは不可罰的事後行為です。だから、牽連犯でないと思います。

スク東先生:いいですね。また、ご指摘の通り、条文はそうですが、牽連犯の場合、手段(原因)と目的(結果)の関係ときに成立しえます。

東花子さん

そう思います。

スク東先生:はい、前提は、これでいいとして、なぜ、今回、不可罰的事後行為とするのでしょう。今回のケースで犯人は、車を売るために盗んだともいえます。ですので、窃盗と売却の際に問題となる占有離脱物横領罪は、手段(原因)と目的(結果)の関係にあるともいえませんか。

考えている

確かに!!。言われてみれば、問題意識に気付かなかったです。

スク東先生:はい、こういう点をケアしたいですね。そうしておくことで、対応力もつきますよ。

東花子さん

なるほど、では、どうしてこの場合、牽連犯にならんのでしょう。

スク東先生:あのー、それを考えてもらいたいのですが・・・。

考えている

確かに、いろいろ試行錯誤しないと記憶に残らないでものね。やってみたいと思います。

スク東先生:はい、頑張ってください。ただ、やみくもやるもあれなので、方向性を指摘したいと思います。牽連犯になると、どういう風な取扱いになりますか。その当たりに着目して整理するとよいでしょう。

 

考えている

なるほど、よくわからないときは、大枠からですね。

スク東先生:そういうこと!!頑張ってみましょう。それでは、今日も時間となりましたのこの辺りで終わりにします。この続きはまた、来週お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中