刑法総論・共犯4

前回のあらすじ

 短答過去問・司法28−19を使って、共犯の問題を検討しました。今回も、引き続き共犯の問題を考えてみます。

 では、はじまり、はじまり。

スク東先生:こんにちは、東さん。最近の調子は、どうですか。

考えている

ボチボチです。

スク東先生:そうですか。「緊急事態宣言の解除」で、世間が徐々に動きだましたね。延期された試験日程も無事発表されましたしね。まだ、安心はできませんが、勉強も気合いを入れていきましょう。

東さん:はい。

スク東先生:では早速、司法試験短答式問題の平成28年第19問 選択肢4の検討に入りましょう。

司法28−19

4 甲と乙は、A方に強盗に入ることを計画し、それぞれ包丁を持ってA方に侵入し、Aを包丁で脅かした上、室内を物色していたところ、家人B、Cに犯行を目撃され、甲はBに捕まったが、乙は逮捕を免れるためCの腕を包丁で切り付けて傷害を負わせた。甲には、住居侵入罪のほか強盗致傷罪の共同正犯が成立する。

スク東先生:正しいですか。

東さん:正解です。

スク東先生:そうですね。では、なぜでしょうか。甲と乙は、A方への住居侵入と強盗の犯罪についての共謀は認められますが、家人への傷害については、共謀してませんよ。

話し合ってもいないことまで犯罪を成立させるのは、刑法の謙抑主義に反するのではないでしょうか。

東花子さん

うーん、そっか。でも、確か他の過去問で同じような事例で強盗致傷罪の成立を認めていました。

スク東先生:その解き方は、まずいですね。頭の隅の記憶を思い起こして解いていても、すぐに忘れてしまいますよ。論理的に解かないと・・・。

 そこで、もう一度。どうして共謀してもいないCさんへの傷害についてまで、共犯者の甲は罪責を追わなければならないのでしょう。前回までで共犯のポイントはどういう話をしていましたっけ。

東花子さん

えーと……。あっ、共犯の処罰根拠だ。

スク東先生:その通り!!いいじゃないですか、そこから考えていきましょう。で、どうですか。

東さん:確か、因果的共犯論が、共犯の処罰根拠でした。この場合、甲は乙とA方に住居侵入し、強盗することを計画しています。強盗とは、暴行、脅迫行為で相手方の意思を制圧して財物を奪う犯罪です。当然、暴行の延長上で、被害者に傷害を負わせることは予想できます。

したがって、共犯者甲も正犯を通して「傷害」という法益侵害の結果を惹起しているので、強盗致傷罪が成立する……。

あっ、そうか。こんな風に解くんだ。

スク東先生:そうです。まさに、それが論理的思考です。難しく考えないことが大事です。細かな判例の知識を覚えることは、聞いていません。

どうです、大枠の理解が分かるとキチンと解けますでしょ。

花子さん

ええ、本当ですね。今回の問題は、強盗という基本犯についての共謀があれば、重い結果についても規範に直面する。だから、結果的加重犯である強盗致傷罪についても、自らが手を下していなくても罪責を負うのですね。よく分かりました。

スク東先生:その通りです。よかった。この調子でいきましょう。

そろそろ時間が来たので、終わります。

次回も、共犯論を検討します。お楽しみに。

カテゴリー: 刑法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中