予備試験30年7問(民法)肢オを検討する 第8回 詐害行為取消権の対象になるか(確定日付のある債権譲渡の通知)

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年司法試験民法(解説編)
平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験30年7問(民法)肢オを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,予備試験30年7問(民法)肢「オ.債務者が自己の第三者に対する債権を譲渡した場合において,債務者がこれについてした確定日付のある債権譲渡の通知は,詐害行為取消権行使の対象とならない。」を検討していきます。

結論は,どうですか。

考えている

正しいですね。

そうですね。どうしてでしょう。

東花子さん

判例があるみたいです(最判平10.6.12)。

なるほど,それだとただ知っているだけですね。
どの辺がポイントなりそうですかね。

東花子さん

うーん,債権譲渡そのものが取消せないときでも,通知を消せないかという問題でしょうか。

そうですね。
確かに,問いにはありませんが,あえて通知の取消を求めているということはそういうことなのでしょう。
ただ,判例は,通知のみの取消を認めておりません。これはどうしてでしょう。

考えている

えっと,結果的に債権譲渡も害されてしまうからだと思いました。

いいですね。問題ない部分にまで債権者に過度の介入を認めることは,取引の安全を害し問題です。

東花子さん

はい,ですので通知について取消を認めなかったのでしょう。

はい,あとは結論ありきで,通知行為は,事実行為に過ぎず詐害行為取消の対象とならないと説明しておけば大丈夫です。

東花子さん

なるほど,わかりました。大事なことは,まず利益状況を踏まえて,世間としてどのようにあるべきかを考える。その上で,法的な理屈ですね。

その通り。順番が大事です。それをしないと,ただの辛い暗記になってしまいます。
ぜひ,気をつけましょう。それでは,今日も時間となりましたので,終わりにします。
この続きは,また来週!お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 平成30年, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中