予備試験30年6問(民法)肢アを検討する 第4回 法定地上権があった建物が取り壊された場合の法律関係 その3

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年司法試験民法(解説編)
平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験30年6問(民法)肢「ア.Aが所有する甲土地及びその上の乙建物にBのために共同抵当権が設定された後,乙建物が取り壊され,甲土地上に新たにAが所有する丙建物が建築されて,丙建物につきCのために抵当権が設定された場合において,甲土地に対するBの抵当権の実行によりDが甲土地を取得したときは,法定地上権が成立する。」を検討することになりました。土地と建物は,不動産として取り扱いが別なのが原則です。
価値を個別的に把握すると,土地には,法定地上権の負担が残ってしまいます。この結論だと,Bの取引安全が害され問題ということは明らかなのですが,法的にどう整理していけばよいでしょうか。
一緒に考えていきましょう。

では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速始めていきましょう。
条文載せておきますね。

(法定地上権)
第388条
土地及びその上に存する建物が同一の所有者に属する場合において、その土地又は建物につき抵当権が設定され、その実行により所有者を異にするに至ったときは、その建物について、地上権が設定されたものとみなす。この場合において、地代は、当事者の請求により、裁判所が定める。

早速,昨日の続きですが,土地と建物を別に評価すると,Bが害されることになりましたね。

考えている

そうですね。乙建物はなくってしまうし,土地は法定地上権の負担付だし,非常に困りますね。

はい,そこでBを保護する必要があるのですが,そのための法律構成を確認してきましたか。

東花子さん

はい,一応。この場合,建物と土地に共同抵当権を付けているので,不動産全体として価値を把握すればよいと思いました。

そうですね。よくポイント押さえてますね。そうすると,乙建物を取り壊した後,どういうことが言えそうですか。

考えている

うーん,どうでしょう。

あのー,そこしか調べなかったんですか。

東花子さん

いやー,分かったつもりだったんだけど,どうだったかなぁ。

なるほど,まあ,すぐに理解できれば苦労ないですね。結局,乙建物が取り壊せると,不動産の全体の価値はどうなるかを考えてもらいたいですね。

考えている

そうか,ちょっと思い出してきました。確か,土地だけになるので,更地としての評価が全体になるんでした。

その通りですね。内容を不動産全体と捉えると,設定時の取り決めを変えずに,合理的に今のことが導けます。
そうすると,丙建物を建てる前に更地としての土地に抵当権がついていることになりますね。

東花子さん

そうですね。ですので,丙建物には法定地上権は成立しないことになります。

いいでしょう。これで,本肢の結論が合理的に説明できました。
本肢のように,ごちゃごちゃしているときは,一つ一つ分解して理解するようにしましょう。

花子さん

わかりました。ありがとうございます。

はい,こんなところで,大丈夫でしょうね。それでは今日も時間となりましたので,終わりにします。
この続きはまた明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 物権, 平成30年, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中