司法試験29年34問(民法)を検討する 第5回 具体的相続分の計算(遺贈)その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年34問(民法)を検討することになりました。その際,相続財産を確定することになりました。
特別受益と贈与について計算できたので,この調子でどんどん次にいくことになったのでした。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。それでは,始めていきましょう。問題文のポイントと関連条文を載せます。

司法試験29年34問(民法)

次の【事例】において,Aを被相続人とする遺産分割におけるB,C及びDの具体的相続分の額として,判例の趣旨に照らし正しいものを組み合わせたものは,後記1から5までのうちどれか。
なお,遺産分割の対象となる財産並びに贈与及び遺贈の目的財産の価額は相続開始時の価額を示しており,その後に価額の変動はないものとする。
【事例】
⑴ 相続人Aの相続人は,配偶者であるBと,子であるC及びDとする。
⑵ 遺産分割の対象となる財産
3000万円の金銭
⑶ 時系列
①(終了)詳細 第2回 第3回
②(終了)詳細 第2回 第3回
③(終了)詳細 第4回
④ Aは,平成25年10月20日,Dに対し,A所有の土地(価額1000万円)を遺贈する旨の遺言を作成した。
⑤ Aは,平成26年2月26日に死亡した。
⑥(略)

(特別受益者の相続分)
民法第903条
1.共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする。
2.(略)
3.(略)

④では,共同相続人に対して,遺贈が行われています。この分は,相続財産に加えられますかね。

考えている

加えられないのではないでしょうか。903条1項は,遺贈と贈与を使い分けてます。そして,贈与の価格を加えたものは相続財産としてますが,遺贈に関しては触れていないわけですし・・・。

その通りです。ただ,そんなこと,いちいち押さえられますかね。

東花子さん

それは難しいと思います。

そうすよね。ということは,今の説明は,実践的でないということになります。どうして,贈与と遺贈で,加算に違いがでるんですかね。

東花子さん

うーん,少し考えてみていいですか。

なるほど,分かりました。確かに,一度,ご自身で整理した方が記憶に残りそうですね。ぜひやってもらいますか。
検討の方向性としては,遺贈の効力がいつ発生するかに着目すると比較的と分かりやすくなると思いますよ。

考えている

そうですか,分かりました。それでやってみたいと思います。

はい,頑張ってください。それでは,時間となりましたので,終わりにします。
この続きは,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 親族相続, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中