司法試験29年33問(民法)肢イを検討する 第8回 第876条の4第2項を考える その5

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年33問(民法)肢「イ.家庭裁判所が本人以外の者の請求によって,本人のために特定の法律行為について保佐人に代理権を付与する旨の審判をするには,本人の同意がなければならない。」を検討することになりました。同意権の場合,本人の同意が不要であるのに対し,代理権の場合,本人の同意が必要です。
最後の段階で,花子さんは,同意権と代理権の違いをド忘れしてしまったようでした。それは,非常にまずいので気を付けるようにとスク東先生より注意を受けましたが,しっかり汚名を返上できるのでしょうか。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,始めていきましょう。
関連条文を載せておきますね。

(保佐人に代理権を付与する旨の審判)
第876条の4
1.家庭裁判所は、第11条本文に規定する者又は保佐人若しくは保佐監督人の請求によって、被保佐人のために特定の法律行為について保佐人に代理権を付与する旨の審判をすることができる。
2.本人以外の者の請求によって前項の審判をするには、本人の同意がなければならない。
3.(略)

(保佐開始の審判)
第11条
精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分である者については、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族、後見人、後見監督人、補助人、補助監督人又は検察官の請求により、保佐開始の審判をすることができる。ただし、第7条に規定する原因がある者については、この限りでない。

こんな条文は,さておき,同意権と代理権の根本の違い,確認できましたか。

考えている

はい,わかりました。結局,最終的に法律行為ができる主体が違うと思います。

なるほど,いいですね。そのことについて,もう少し分かりやすく説明してもらえますか。

東花子さん

えっと,同意権の場合,被保佐人が一定の法律行為(13条)を行うにあたって,保佐人の同意が必要となります。したがって,法律行為を実際に直接行うのは被保佐人です。

そうですね,続けてください。

考えている

はい,保佐人に代理権が付与された場合,この者が本人代わって法律行為を行うことができます。そういった意味で,同意権とは,法律行為を実際に行う主体が別です。

おお,やるじゃないですか。しっかり,説明できましたね。

花子さん

ありがとうございます。本当に良かった。

そこまで分かれば,保佐開始(同意権)は本人の同意が不要で,代理権を付与する場合,本人の同意が必要である意味も分かるんじゃないですか。

東花子さん

そうですね。代理権が保佐人に付与された場合,被保佐人が意図しない形で,法律効果が帰属するケースが考えれます。したがって,代理権の方が同意権より,本人に将来,不利益が発生する危険が大きいのではないでしょうか。

いいですね。その辺りの利益状況を踏まえて,第876条の4では,本人の同意をキチンと要求することになっているのでしょう。

花子さん

はい,こんな感じで論理的に整理できれば,同意権と代理権の場面において,どっちがどっちって混乱することもないですね。

その通り!ぜひ,こんな感じで意味を押さえながらしっかり,理解するようにしましょう。
それでは,今日も時間となりましたので終わりします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 親族相続, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中