司法試験29年31問(民法)肢イを検討する 第3回 727条を考える(大判昭7.5.11) その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年31問(民法)肢イを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年31問(民法)肢「イ.GはAの親族ではない。」を検討していきます。
事例は,A男はB女と婚姻したが,Bには姉Cと妹Dがおり,Cには配偶者Eがいる。その後,Aは,Bの同意を得て,Fを養子としたが,その縁組前からFには子Gがいた場合です。

結論は,どうですか。

考えている

正しいですね。

どうしてですか。

東花子さん

判例のようです。(大判昭7.5.11)

なるほど,そうですね。関連条文も確認してみましょう。

(親族の範囲)
第725条
次に掲げる者は、親族とする。
一  六親等内の血族
二  配偶者
三  三親等内の姻族

(縁組による親族関係の発生)
第727条
養子と養親及びその血族との間においては、養子縁組の日から、血族間におけるのと同一の親族関係を生ずる。

なるほど,AとFは,養子となってます。そして,Gは縁組前にいたFの子ですね。
この場合,727条を見ると,Gにも養子縁組の日から親族関係が発生するように思えませんか。

東花子さん

はい,Fを介して,AとGにも親族関係が生じるとも考えられそうですね。

そうですね。ただ,判例はこれを認めていないですね。なぜでしょうか。

考えている

うーん,この場合にAG間で親族関係を発生させると問題だからだと思いますが・・・。

確かに,そう通りです。どんな問題が具体的に考えられそうですかね。

東花子さん

えっと,そうですね。ちょっと考えさえせてもらっていいですか。

そうですね。ぜひ,やってもらいましょう。親族相続は,一見細かいですが,論理的に整理すると覚えるよう量もグッと減りますよ。
考えて欲しい方向性は,親族関係が発生すると,主にどうことがあるかを考えてみてください。
そうことが分かると,この場合のAG間に親族関係を発生させることは問題だという結論も自然に理解できますよ。
それでは,今日も時間となりましたので,終わりします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 親族相続, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中