司法試験29年29問(民法)肢ウを検討する 第8回 民法658条を考える その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年29問(民法)肢ウを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年29問(民法)肢「ウ.受寄者は,寄託者の承諾を得なければ,寄託物を使用し,又は第三者にこれを保管させることができない。」を検討していきます。
結論は,どうですか。

考えている

正しいですね。

どうしてですか。

東花子さん

条文です。

なるほど,そうですね。確認しましょう。

(寄託物の使用及び第三者による保管)
第658条
1.受寄者は、寄託者の承諾を得なければ、寄託物を使用し、又は第三者にこれを保管させることができない。
2.(略)

確かに条文がありますが,それだと。

東花子さん

だた知っているだけですね。

はい,その通りです。ですので,条文の意味を確認していきましょう。
どの辺から行きましょうか。

考えている

うーん,原則ですね。

なるほど,そうですね。この場合は,どうなりそうですか。

東花子さん

えっと,どうだろう。ピンときませんね。

そうですね。そんな時は,この条文がなかったら,どういうことになるかを一般的に考えてみるといいですよ。

考えている

なるほど,658条がなければ別に自由にできそうですね。制限されていないということになるわけだから・・・。

いいですね。それをわざわざ「寄託者の承諾」を要求するのは,受寄者の判断で勝手に,「寄託物を使用し、又は第三者にこれを保管」させると何か問題があるのでしょう。この辺りは,どうでしょうか。

東花子さん

うーん,確かにそうですね。少し考えを整理していいですか。

そうですね,わかりました。やって見てください。考える際は,イメージを膨らませて整理してみましょう。
この続きは,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 債権各論, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中