司法試験29年29問(民法)肢イを検討する 第7回 民法661条を考える その4

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年29問(民法)肢「イ.寄託者は,有償か無償かを問わず,過失なく寄託物の性質若しくは瑕疵を知らなかったとき,又は受寄者がこれを知っていたときを除いて,寄託物の性質又は瑕疵によって生じた損害を受寄者に賠償しなければならない。」を検討することになりました。661条本文は,特別関係を踏まえると論理的に導けることを確認しました。ただし書も,この流れでしっかり考えると理解ができるようですよ。

では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,始めていきましょう。
関連条文も載せておきます。

(寄託者による損害賠償)
第661条
寄託者は、寄託物の性質又は瑕疵によって生じた損害を受寄者に賠償しなければならない。ただし、寄託者が過失なくその性質若しくは瑕疵を知らなかったとき、又は受寄者がこれを知っていたときは、この限りでない。

結局,661条本文で,寄託者が受寄者に責任を負うのは,契約の相手方に対して,不測の損害を負わせない義務に違反しているからですね。

考えている

そうですね。この義務を実際どういうかはありますが,661条の考え方の根底に特別関係に基づいて安全配慮義務(付随的な義務)のようなものがあるはずだという話をしていました。

そうですね。ここで,付随的といっているのは,あくまでも債務の本旨は,物の保管(657条)だからです。

(寄託)
第657条
寄託は、当事者の一方が相手方のために保管をすることを約してある物を受け取ることによって、その効力を生ずる。

ここまで理解できれば,661条ただし書の意味もうまく説明できますよ,というのが昨日の問いだったんですが考えてみましたか。

東花子さん

はい,一応。まず,寄託者が違反しているのは,付随的義務となります。したがって,過失責任の原則が当てはまると思いました。

いいですね。さすがに,寄託者に無過失責任を負わせることは重すぎるでしょう。あと,「受寄者がこれを知っていたとき」については,どうでしょう。

考えている

えっと,寄託者の責任は,特別関係に入った取引相手方に不測の損害を負わせないとするものです。受寄者が寄託物の性質又は瑕疵を知っていた場合,そのリスクについて,契約成立の段階で織り込み済みだからだと思いました。

そうですね。ということは,それが原因で損害が発生しても「不測」のものとはいえなさそうです。

東花子さん

はい,たから661条ただし書で,この場合も寄託者の賠償責任を負わないとしているのだと思います。

そうですね。これで,661条についても大分,整理できました。このように一見,複雑に条文でも分解して理解をすれば,しっかり押さえることができますね。

考えている

ええ,そう思いました。しっかり,考えて勉強しようと思います。

はい,ぜひ頑張って見てください。それでは,今日も時間となりましたので終わりにします。
この続きは,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 債権各論, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中