司法試験29年28問(民法)肢オを検討する 第15回 請負契約の解除を考える(民法641条)大判昭7.4.30 その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年28問(民法)肢オを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年28問(民法)肢「オ.請負人が仕事を完成しない間は,注文者は,いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができるが,契約の目的である仕事の内容が可分である場合において,請負人が既に仕事の一部を完成させており,その完成部分が注文者にとって有益なものであるときは,未完成部分に限り,契約を解除することができる。」を検討していきます。

結論は,どうですか。

考えている

正しいですね。

どうしてですか。

東花子さん

判例のようです。(大判昭7.4.30)

なるほど,確かにそうなんですが,それだと・・・。

東花子さん

だた知っているだけですね。

はい,その通りです。ですので,この機会になぜかを理解していきます。
関連条文も上げておきますね。

(注文者による契約の解除)
第641条
請負人が仕事を完成しない間は、注文者は、いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができる。

どの辺りから入っていきましょうか。

考えている

うーん,まず前提となる641条の意味を確認したいです。

なるほど,確かに設問前段でも,「請負人が仕事を完成しない間は,注文者は,いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができるが」とありますからね。

東花子さん

はい,判例の理解の前提なので,そこを押さえた方がいいと思いました。

そうですね。では,641条をこの機会に確認していきましょう。
どうして,このような規定が置かれているんですかね。

東花子さん

さあ,話をふったのはいいのですが,考えていませんでした。

なるほど,それでは,この機会にしっかり考えてもらいましょう。条文の意味を考える場合,この規定がなかったらどういう帰結になるかをイメージするといいです。

東花子さん

そうですね。そこで,社会的な問題意識があって初めて,条文の必要性がでてくるわけですからね。

その通り,基本からコツコツ整理してもらえればと思います。
それでは,今日も時間となりましたので,終わりにします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 債権各論, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中