司法試験29年28問(民法)肢ウを検討する 第9回 635条ただし書と634条の関係を考える(最判平14.9.24) その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年28問(民法)肢ウを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年28問(民法)肢「ウ.建築請負の目的物である建物に重大な瑕疵があって建て替えるほかはない場合であっても,注文者は,請負人に対し,建物の建替えに要する費用相当額の損害賠償を請求することはできない。」を検討していきます。
結論は,どうですか。

考えている

誤っていますね。

どうしてですか。

東花子さん

判例は,同様の事例で損害賠償請求を認めているようです。(平成14.9.24)

なるほど,そうですね。でも,それだと・・・。

東花子さん

はい,だた知っているだけですね。

その通り!ですので,意味を押さえる必要性があります。
今回,関係する条文も載せておきますね。

(請負人の担保責任)
第635条
仕事の目的物に瑕疵があり、そのために契約をした目的を達することができないときは、注文者は、契約の解除をすることができる。ただし、建物その他の土地の工作物については、この限りでない。

(請負人の担保責任)
第634条
1.(略)
2.注文者は、瑕疵の修補に代えて、又はその修補とともに、損害賠償の請求をすることができる。この場合においては、第533条の規定を準用する。

ここから,何か言えませんかね。

考えている

うーん,どうだろう。

難しく考えすぎちゃいましたかね。解除と損害賠償請求は,本来どういった関係に立つでしょう。

東花子さん

えっと,全く別ではないでしょうか。

いいですね。そう考えると,635条ただし書により解除は難しいでしょうが,損害賠償請求(634条2項)は,できそうですね。

東花子さん

確かにそうです。ただそれだと,どうして判例で争われたんでしょう。問題なく損害賠償請求できるで終わりじゃないですか。

なるほど,いいところに疑問を持ちましたね。
確かに条文上はそうなんですが,その結論だと,本件のような場合に請負人が非常に困ってしまうんですよ。
どうしてか,分かりますか。

東花子さん

うーん,少し考えさせてもらっていいですか。

そうですね。ぜひ,やってみてください。考える方向性は,そもそもなぜ,635条ただし書があるかも踏まえてやられると良いでしょう。それでは,今日も時間となりましたので終わりにします。
この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 債権各論, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中