司法試験29年28問(民法)肢イを検討する 第8回 民法634条2項(最判平9.2.14)を考える その6

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年28問(民法)肢「イ.請負人が仕事の目的物を引き渡した場合において,その目的物に瑕疵があり,注文者が瑕疵の修補に代わる損害賠償を請求したときは,注文者は,その賠償を受けるまでは報酬全額の支払を拒むことができる。」を検討することになりました。質疑応答を続けることで,634条2項の損害賠償請求権がなぜ認められるかを理解することができました。この理解があれば,報酬全額と損賠賠償請求権が同時履行の関係だという意味もわかるようですが・・・。果たして,花子さんは解答できるでしょうか。
一緒に考えていきましょう。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,昨日の続きを行きましょう。
条文を載せておきますね。

(請負人の担保責任)
第634条
1.仕事の目的物に瑕疵があるときは、注文者は、請負人に対し、相当の期間を定めて、その瑕疵の修補を請求することができる。ただし、瑕疵が重要でない場合において、その修補に過分の費用を要するときは、この限りでない。
2.注文者は、瑕疵の修補に代えて、又はその修補とともに、損害賠償の請求をすることができる。この場合においては、第533条の規定を準用する。

結局,634条の損害賠償請求権は,注文者を保護するために認められてましたね。

考えている

そうですね。修補請求も認められるのですが,瑕疵ある物を渡したことで,注文者と請負人の信頼がなくなっていることがありますからね。

いいですね。昨日は,欠陥住宅をイメージして整理していましたね。このことを理解すると,報酬債権全額と損害賠償請求が同時履行である意味もわかるという話をしてましたが,考えてきましたか。

東花子さん

一応,試みて見たのですが,いまいちよくわかりませんでした。

なるほど,少し難しかったですかね。それでは,一緒に考えていきましょう。
まず,そうですね。注文者が修補請求をした時,報酬債権との関係はどうなるでしょうか。

考えている

それは,報酬債権全額と同時履行の関係になると思いました。

いいじゃないですか。なんで,そう思ったんですか。

東花子さん

えっと,請負人が修補する債務は,行為債務なので性質上不可分だからではないでしょうか。

そうですね。そこまで分かっていれば,損害賠償請求の話もいけるような気がするのですが・・・。

東花子さん

なるほど,分かりました。損害賠償請求は修補請求に代えて,注文者を保護するために認められたものです。そう考えると,損害賠償請求と報酬債権全額を同時履行としないと,注文者の請求の選択によって均衡を欠く点で問題だと思いました。

そういうことですね。確かに,損害賠償請求だけをみると金銭債権なので可分債権のように思えます。
ただ,この請求がどうしてあるかを考えると,修補請求したときとバランスを欠くのは,まずいと気づけますね。

東花子さん

はい,634条2項にある「代えて」の文言がポイントだったんですね。

そうですね。最終的に条文の言葉に引き付けて理解することは,とても大事です。
頭ごなしで覚えても忘れてしまいますかね。

花子さん

そうですよね,よくわかりました。

はい,長々とこの肢の検討を行いましたが,ようやく無事到達点にたどり着きました。
この機会に,しっかり理解してくださいね。では,今日も時間となりなしたので,ここまでとします。
この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 債権各論, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中